ラッパでも吹きたくなるくらいゴキゲンな商品でございますよ!これほんと便利。これ買ってからゆで卵はずっとチンで作ってます。異次元の簡単さなんで、ぜひぜひ紹介させてください!



意外と難しいゆで卵…

私ゆで卵って非常に苦手なんですね…失敗の連続で。茹で時間が足りないとか、逆に長過ぎるとか。で、殻が剥きにくかったりすると…チマチマ剥がして剥がしてうわー!!投げ出したい!となる。

卵のおしりに小さい穴を開けてから茹でるとか、少量の水で茹でるとか、いや沸騰したお湯に入れるんだとか。色々な方法を試してみたけど「これなら間違いない!」とはならないんですよね。確かに穴を開けてから茹でると殻が剥きやすくなったんですが、茹でてる最中に穴から白身がデローンとはみ出したりするし。

キッチンタイマーで正確に時間を計っても駄目、エッグタイマーなるものすら使ってみたりと、あれこれ手を尽くしてゆで卵を作っていたわけです。
そもそも鍋で湯を沸かすことでコンロが一口埋まるんですよね。水を使い、時間を気にしなきゃいけない。スペースも時間ももったいない…。それで失敗したらいたたまれない…。

これで安定したゆで卵が作れる!

img_20161113_211357

そこで登場するのが…その名も「レンジでらくチン!ゆでたまご」!そのまんま!
安直なネーミングが良いですね。らくチンですよ、ほんと。レンジで。ゆでたまごが。ね。

これが本当に使える代物でして…おかげさまでゆで卵の失敗がなくなりました。レンチンでゆで卵が出来る商品があるらしいとは聞き及んでいたので、ダメ元で試してみようと思い切って購入。2~4個それぞれ作れるサイズがありますが、私は大は小を兼ねるだろうと4個まで同時に作れる物を買いました。

img_20161113_211344

銀色の受け皿の下に水を張って、上記画像くぼみの部分に卵を置いて、蓋をして電子レンジにかけるだけ。水蒸気で熱してゆで卵ができる仕組みなんでしょうね。チンする時間は同時に作る個数によって若干変わるようですが500Wでだいたい12分くらい。チンしてしばらくは余熱で熱いので、冷めるまで放っておくと更に火が通って固茹でになります。レンジにかける時間を短くしたり、すぐに冷水で冷やしたりすれば半熟にすることも可能。

こんなに簡単な方法でゆで卵ができるだけでもありがたいのに、殻も剥きやすくて文句ないです。お湯で茹でると失敗することがありましたが、これなら百発百中間違いない。子育て中に火を使いたくないな~という時にも助かります。ビバ電子レンジ!

ちょっと気になるところ

img_20161113_211319

img_20161113_211333

蓋の天井部分に蒸気を排出するためであろう穴が開いているんですが…水洗いする時に、この蓋の外側と内側の間の空間に水が入っちゃいます。振れば出て来るんですけど、なんか気になる(笑)この空間をきっちり洗えないので、中が汚くなってないだろうか…と。今のところ変なニオイもしないし、時々使用してれば加熱されて殺菌されるかなとも思ってますが。

ぜひキッチンに一つ置いてみてください

こんなに捗るものか~と便利さに感心しきりです。ゆで卵づくりに悩んでいる方は試してみてはいかがでしょうか。

ところでこの商品を製造している曙産業さん、プラスチック商品メーカーらしいんですが…

レンジでポテトチップスが作れる商品も開発してらっしゃいました!なにこれ欲しい!スライサー付きで、じゃがいもを並べてチンするだけでポテチができる…油を使わないのでヘルシー。面白そうすぎます。もし購入したらレビューします。