1番悩む?であろう二世帯住宅の間取り。注文住宅で検討している方の参考になれば幸いです。



我が家の概要

最初に家の成り立ちについてご説明します。

土地は北向きの奥に細長い形、敷地面積はおよそ61坪(201㎡)。建築面積は24.25坪、延床面積は43.75坪となっています。狭くて細長いので間取りにはかなり悩まされました。

完全分離型の二世帯住宅。1階(親世帯)と2階(子世帯)で居住スペースを分けており、1階玄関横に行き来できるドアを設けています。

間取り図

我が家の間取りを紹介します。手書きで見づらくてすみません。図の右側が北、道路側です。

1階

img_20161122_205045.jpg

道路から正面に両世帯の玄関が並んで見える事になります。左(画像では下)玄関が1階の親世帯、右(同じく上)側が2階の子世帯へと続きます。

1階は収納を多めに取る事を優先し、各部屋の大きさにはあまりこだわっていません。

狭く感じさせないためにLDと隣合った洋室は扉で広く開け放せるようになっており、洋室を含めると意外に開放感があります。

2階への階段下を収納にしてもらったのも良いポイント。各部屋に押入れがないため階段下収納に布団を入れる事ができます。

収納でもう一点、洗面室の一部を広げて収納スペースにしています。洗剤やタオルを置く場所として重宝します。

親世帯の場所なのであまり詳しくは語らない事にします(笑)

2階

img_20161122_205113.jpg

階段を上がって2階、子世帯。こちらは部屋数をとることを優先。すでに子供(子の子)がいるし、今後家族が増える可能性もあるため。

右上の洋室が主寝室。6畳+小さい収納と扉を外したクローゼット予算的に扉を外しました。見た目ごちゃつくかと思いきや、整頓する意識が持てるし空間が広く使えるしでよかったですね。

2つの洋室は子供部屋を想定しており、点線で区切っていますが現在は壁のない1つの部屋です。点線部分に下がり壁(天井から少し下に出ている壁)があり、今後子供が増えた時に楽に壁を作れるようにしています。

子供部屋はLDKを通って入る部屋と廊下から入る部屋になります。リビング通らないと部屋に行けないのは賛否両論…私は嫌です(笑)。そのかわりに日当たりと風通しは良いのでどう取るかですね(・∀・)

キッチンの隅にパントリーがあり、可動棚が設置されています。パントリーはやっぱり便利です、乾物や缶、お茶とか米とか何でも突っ込んでます。壁付けの引き戸なので置き型の棚と違い埃も溜まりにくく、掃除しやすいのもいい。

LDKはだいぶ広く取っており、日中はほぼリビングで過ごしています。

間取りのこだわり

この間取りにたどり着くまでに2,3回の手直しをお願いしました。設計士さんも流石はプロで、こちらの要望に対してかなり応えてくれます。

間取り関係の要望、お願いした事は

  • 玄関、キッチン、風呂、トイレ等全て2つずつ
  • 両世帯をつなぐ仕切りドア
  • 親世帯にウォークインクローゼット
  • 子世帯にシューズクローゼット
  • 2階は洋室3部屋欲しい
  • 寝室同士を上下で重ならないようにする

あたりでしょうか。上記はリクエスト通りにしていただけて感謝しています。

住宅設備が2セットずつ必要なのは完全分離二世帯の宿命ですね。金額は倍になりますが腹をくくる所。他でコストダウンを検討します。

室内ドアは付けるか迷いました。簡単に行き来できたら完全分離にした意味がないじゃん?と。ただ、どちらかの世帯で緊急事態があった場合、外玄関が施錠されていたら入れない!ので設置。実際付けたら便利でした。なんだかんだで行き来するものですね、鍵かけられるけど開けっ放しです。

子世帯では部屋をとる代わりに収納が減ったので、玄関脇にシューズクローゼットをお願いしました。物置として使われており、ベビーカーやキャンプ用品などを置いています。便利です。

若干後悔というか、あわよくば…と思うのは1階寝室の上に2階風呂場が来てしまった所。2階床下に防音シート敷いて貰ってますが、水回り下には敷けないのでどうしても水音が響きます。これ以上の図面は出せないだろう、と建築に進みましたが…敷地に余裕がある方は避けられた方がいいでしょうね。

まとめ

いかがでしたでしょうか、恥ずかしながら晒させていただいた我が家でございます。

設計士さんと意見を出し合う時間は、楽しくもあり鬱陶しがられてる気がしたりもあり。要望ばっかり出すてうるさい人だな~と思われないか心配しちゃいますけど、そこは一生に一度の(多分)買い物!どでかい買い物をさせて貰ってる訳ですから妥協は不要です!納得するまで話し合いましょう!

家族で頭を悩ませながら作ったお家って、住んでみても愛着がわきます。「こうしてよかった」が多くある家になると嬉しいですね。まぁイマイチな所があっても自分のアイディアで改善していける、手を加えられるのも持ち家のいいところですが。マイホームって、いいですねぇ~。

WEB内覧会カテゴリーで家の中の様子も後悔してますので、よろしければご覧くださいませ。

検討中に図面を持ち帰り、マイホームデザイナーで再現していました。壁や床の色や素材、住宅設備や家具を置いた状態を作れるので建てたあとのイメージができて良かったですよ。