どうも、「疲れた」が口癖のわよるです。お疲れ様です。

日々の生活を送る中、仕事でも家事でも人付き合いでも疲れを感じてばかりです。

妊娠している方、お腹に赤ちゃんがいる事は嬉しいだけでなくて、不安と体の重さで心身ともに疲れますね。
子育て中の方、小さい子供に振り回される毎日で自分の時間が持てないですよね。
お仕事をしている方、仕事自体に悩まされ、職場の人間関係に悩まされ。どこか遠くに行きたくなりますね。

毎日毎日本当によくやっていると思いますよ…もっと自分を褒めて、労ってあげてください。

そう、私たちは頑張っている!頑張ってるからちょっと疲れてしまう。人と比べてどうではない、自分がどう感じて、どういう状態なのかが大事。疲れた心と体を癒やし、回復させて明日に迎えるように。

この記事では日常に疲れた私達を、ほどほどに前向きにさせてくれるような方法や物を紹介します。心も体も疲労回復できることを願っています。



基本は適度な運動、バランスの取れた食事、質の良い睡眠

言わずもがなではありますが、運動、食事、睡眠は健康的な生活の基本です。
亀仙流でもよく動き、よく学び、よく遊び、よく食べて、よく休む、が基本だって言ってますし。

動かないと体がなまったままで逆に疲れる事もあります。食べないと体力も栄養もつかないです。眠らないと組織が回復していきません。
これから紹介するものに頼りすぎず、普段の生活も大事にしたいですね…と自戒も込めて。

体の疲労回復

まずは体力から。HPですね(?)。
特に激しい運動をしていなくても、肩や腰、足と全身に疲労が蓄積します。それを解消する手助けになりそうなものたちです。

お風呂、温泉

まずは温かいお風呂に浸かること。お湯の温熱効果で血管が拡張、新陳代謝が高くなり疲労回復を促してくれます。
42℃以上の熱いお湯だと交感神経が優位に働いてスッキリ感、40℃までのぬるま湯だと副交感神経優位になってリラックス効果があるそうです。
また、水圧がかかる事でマッサージ効果もあります。普段足元は血流やリンパの流れが溜まりがちですが、水圧のおかげで上まで押し上げられます。血流も良くなってむくみ改善にもなるんですね。

基本的な入浴の効果はお風呂、温泉ともに同じかと思いますが、やはり温泉には温泉ならではの良さも。
「温泉」という非日常的な場所に行く開放感、場所によっての泉質による効果も多少期待できます。

家で温泉のような効果を求めるのにはきき湯が評判いいみたいです。炭酸ガスが保温、血行改善に効くとか。
なお使ったお湯は洗濯には使えますがすすぎには使用しないでとのこと。

足のだるさにメディキュット

メディキュットはシリーズ展開が多く、ドラッグストア等でも多く販売されています。
遡れば1970年、Dr.ショールとして圧縮靴下を販売してから、ずっと着圧ソックスの研究・販売をしていたメーカーだそう。
種類としては寝ながら、おそとで、おうちで、足裏…と非常にたくさんありますので、悩みに応じて必要なものを使うと良いでしょう。
私は寝ながらメディキュットを持っていますが、履いて寝るとググッと圧がかかって、翌朝脱いだ時にスッキリしています。
おそとでシリーズには着圧らしからぬストッキングやタイツがあるので普段使いにも問題ないですね。
仕事で足がむくみがちな時などに使用すると効果的な商品だと思います。

肩、腰に中山式快癒器

妊娠中の腰痛に悩んでいた時に見つけたのが中山式快癒器。通称中山くん
ツボ押し器というものですね、球の数が2球、4球と二種類あります。2球は首と肩、4球は腰と背中に使います。
使い方は中山くんを床に置き、自分がその上に乗るだけ。じわじわ効く~って感じですね。気持ちいいです。
球はスプリングが内蔵されており、押す力によって沈み方が変わるので体重に合わせて力が加減されます。
本当は妊娠中に使うのはお医者さんと相談が必要なところなんですが…普段の腰痛には気兼ねなく使えますね(^_^;)

眼精疲労はあずきのチカラ

疲れが取れない…取りたい…!体と心の疲労回復の方法8つでも取り上げたあずきのチカラ、ずっと欲しかったのをようやく買うことができました。早速レビューしていきたいと思います! あずき

あずき豆を使ったアイピロー。レンジで何と250回!も繰り返し使えます。
あずき豆は他の豆に比べて水分量が多く、温める事によって蒸気が発生してじんわり温めてくれます。
豆の重さのおかげで目にちょうどよく乗ってくれるので温かさを実感できます。
これを使うと寝付きが良くなるという感想がよく見られます、就寝前のリラックスに良さそうですね。

心の疲労回復

精神的に参ると体まで動かなくなるから困ったものです。よく病は気からと言いますが、本当にそのとおりだと思います。

アロマテラピー

様々な植物から抽出したアロマオイル(精油)を使って心身への効果を狙うものです。雑貨店等ではよく取り扱われていますね。
不思議な話ですが、精油を使ってリラクゼーション、医療、健康増進、美容など色々な方面に活用されています。
私も香りを集めるのが好きで、安くて小さい精油を集めています。ハンカチに染み込ませて持ち歩き、落ち着きたい時にその匂いを嗅いでいたりします。
リラックス効果が謳われているのは多くありますが、例えばベルガモット(アールグレイの香り。鎮静と高揚の効果)、ラベンダーカモミール・ローマン(癒やし、鎮静によるリラックス効果)などがあります。
効果だけでなく、自分の好きな香りを見つけて小物に付けておくだけでもちょっと嬉しいですよ。

バッチフラワーレメディ

あまり知られていない商品だと思いますので専門店のサイトをご覧いただくことをオススメします。
バッチ博士という方が開発した自然療法で、花のエネルギーが転写された水だそう。
植物を原料としているという点ではアロマと似ていますが、違いは香りを楽しむのではなく飲んで使うものだということ。
またアロマは香り・成分から働くものですが、フラワーレメディは…正直雰囲気、イメージを取り込んでいつの間にか働いているものです。
胡散臭いといえばその通りですので、私にも何とも言えませんが…。興味を持たれた方は試してみるのも良いかもしれませんね。
疲労回復にはオリーブが良いそうです。

腹式呼吸

これ、地味ーーーですがかなり良いです。私も心が落ち着かない時、自律神経がちょっとおかしいかも、という時に意識してやってます。
お腹を凹ますことを意識しつつ、口から息を少しずつ長ーーーく吐いて、吐ききったら鼻から息を吸う。すると自然に空気が入ってきてお腹が膨らみます。ゆっくりゆっくりを意識して行うのがコツ。
他の事は考えずに息を吸う事だけを考え、しばらく繰り返しているとかなり気持ちが落ち着きます。
自律神経失調症になりかけてると感じた時、夜眠れない時、お腹が痛いのを我慢する時など、気持ちを落ち着けたい時に効果的です。

アニマルセラピー

n112_musyamusyaushisan_tp_v

牛の画像でちょっとほっこりしましたか?した方は向いているかもしれません!
ペットの居る方はペットに癒やされてみたり、いない方は動物に会いに行ってみたり…。
動物園を始めとして、牧場もいいですし猫カフェやフクロウカフェなんてお店もあるみたいです。
個人的には、○○カフェというのは街中に店がある場合が多くて落ち着かないので、動物園や牧場をおすすめしたいですね。特に牧場は敷地も広く緑も多いので癒やし効果抜群だと思います。動物と触れ合える所もありますし、動物好きの方にはたまらないです。行きたいです。

栄養ドリンクなどに頼る

急ぎで回復したいなら避けて通れないのが栄養ドリンクの類。
需要があるからなのか各社色々な栄養ドリンク…というかエナジードリンクを販売しています。
個人的に効くと思ったのはやはりレッドブルですね。0カロリーのもありますが、効き目ははやりカロリーある通常版の方があるように感じます。飲んだあと数時間はテンション上がった状態になるのでここぞという時にはアリかなと。

栄養ドリンクでなければ栄養剤、ということで錠剤タイプで効き目を実感したのはキューピーコーワゴールドα-プラス
体が重く仕事に行けない…という時に飲むと、なんとか体が持ち上がるようになります。ドリンクではないのでカンビンのごみが出ないのが地味に嬉しいです。

栄養剤は効きはいい商品があるのですが、多用すると肝臓に負担がかかるので常用するのは控えましょうね。元気を出すために使ったもので具合が悪くなったとあっては本末転倒ですから。

自助で立てなければ、共助。

色々と手段、商品を紹介してきましたが、自分で取りうる対策を取っても駄目な場合もあるでしょう。
自助…自分でどうしようもなくなった時に、そこで諦めて無理をしないようにしてくださいね。休めるなら休んで、体と心の落ち着く時間を取って欲しいです。みんなが忙しい現代社会なのでそれも大変かもしれませんが…

家族、または気の置けない間柄の人がいるなら、お話をして理解してもらえると精神的にも支えになりますね。話をするだけでもかなり楽になります。お互いに何でも言い合える仲の人がいると嬉しいものです。

そして、どうにもひどい時。そんなに疲れているのには何か原因が隠れている…のかもしれません。体の問題か心の問題か、それは自分で判断するのは難しい事だと思います。
そんな時は思い切ってお医者さんに診てもらってくださいね。何もなければそれが一番良いことです。安心してゆっくりできると思います。原因が見つかれば対処ができます。きっと前進できることと思いますよ。

なんだか辛気臭くなってしまいましたが、明日も元気に迎えられますよう。健康第一でいきましょう!