宅配ボックス,DIY
宅配ボックスのつくり方は意外とカンタン!通販がもっともっとはかどりますよ。

宅配ボックス…それは不在時でも荷物が受け取れる便利グッズのひとつ。忙しい・受け取りが難しい人にピッタリのお役立ちアイテムなのです!

備え付けてあるマンションはありますが、戸建てで設置しているお宅はまだ少ない…。
しかし、自作してしまえば安くてしっかり機能するものが手に入ります。

わが家は平日昼間は家族全員が不在で、再配達をお願いすることが多々ありました。
それが宅配ボックスを設置してから再配達はかなり減り、ストレスなく通販できています。配達員さんのお手間もとらせず、一石二鳥ですね!

宅配ボックスの仕組み、作り方、市販品など、ボックス設置を考えている方はぜひ読んでみてください。



宅配ボックスの仕組み

宅配ボックスを作るには、どんな仕組み・機能なのかを知るところから。

配達員のかたに使ってもらうわけですが、流れは

  1. 箱を開ける
  2. 箱に入った印鑑を押す
  3. 荷物をいれて、箱を閉める

配達完了!これが宅配ボックスです!
ね、簡単でしょ?

届けてもらうだけなら、箱と印鑑さえあればできてしまいます。
ただ、荷物を箱に入れただけでは防犯上の心配がありますので…

少しだけ手を加えて、ちょっと安全なボックスを作ってみましょう。

宅配ボックスの作り方

ではさっそく作っていきます。
準備するものは

で、計3000円弱でつくれました。
価格は2017/2/10現在のおおよその値です。

1.案内表示をする

ただ箱を置いただけでは気付いてもらえないかもしれません。
宅配ボックスがあることをお知らせするための案内表示をします。

宅配ボックス 案内

宅配ボックス 案内文

このように宅配ボックスの「場所」と「使いかた」を見える場所に設置します。

プレートはわたしがプラバンとUVレジンでつくったものです。
玄関ドアの取っ手にひっかけてあります。

使いかたの説明文は、もともとボックスの箱に貼っていましたが…剥がれてしまったので箱の中に入れてしまいました。要改善。

  1. 箱の中の印鑑をご利用ください
  2. お荷物を箱に入れ、蓋を閉めます
  3. 南京錠で施錠してください

と書いてあります。

つくり方は何でもよくて、紙に書いてもプリンターで印刷してもいいです。
濡れても大丈夫なように、カバーや屋外用ニスを塗るなどして見やすい所に取付けましょう。

配達員さんに宅配ボックスがあることを知ってもらいましょう!

1.箱の中に印鑑をいれる

宅配ボックス 印鑑

印鑑を箱にコロンと投げ入れます。

うん、それだけです。

放り込んだだけだと拾いづらいので、箱の内側に印鑑ホルダー的なものを設けるとさらに使いやすくなりますね。そして美しいかと。

印鑑がないと荷物を入れてもらえません。
※某所で「通販の注文時、住所欄に(玄関前に置いておいてください)と書いておく」という手段があると目にしました。個人的には避けたほうが良いと思います。
自己責任といえど盗難など事故の可能性も高くなりますし、受領印なく置いていくのは配達員さんも不安でしょう。業務範囲を超えてしまうのではないでしょうか。
宅配ボックスは印鑑を入れておくので配送業者さんにも問題なく使っていただけます(ヤマト運輸さんは受け取り方法の指定で「宅配ボックス」が選べるようになっています)。
おたがいの安心のためにもボックス設置が良いと考えます。

2.ワイヤーと南京錠をセット

ワイヤーの片方の端を、画像のように柱やフェンスなどに通しておきます。
こうしておくことで箱を持ち去られないように固定できます。

ワイヤーを切れる強力な工具などを使われたらアウトですが、ないよりは安心。
「あの箱を持っていくのは面倒そうだ」と思わせるだけでも十分効果的かと。

もう片方の端、金具が輪になっているほうに南京錠を引っ掛けます。
で、そのまま箱の穴にも引っ掛ける。

通常時は鍵を開けておいて、箱に荷物を入れてもらったら鍵をかけてもらいます。

箱自体にもロックがかかるし、ワイヤーで頑丈な部分とつないでいるから持ち去りも難しくなります。

こんな感じで完成です!

玄関の近くに置いて、配達時に使ってもらえることを願いましょう。

ワイヤーつきの鍵をかけてもらえば、安全性も増しますね。

※箱サイズの選びかた

宅配ボックスは大きければ大きいほど便利です。

当然ですよね、大きい箱なら荷物がたくさん入るわけですから。
わが家で使っている天馬のベランダボックスは80Lで南京錠を通せる穴つきです。

80Lサイズは「幅620×奥行490×高さ460mm」で、大きめのダンボール箱でも入ります。オムツ×2ケースの箱は入らないくらいです。

施錠用の穴がない場合は電動ドライバーで穴を開けてもいいし、要は「施錠できればいい」ので、アイデア次第で箱は好きに選べますよ。

また、大きいボックスは「盗まれにくい」というメリットがあります。
小さい箱は持ち歩きやすいけど、大きい箱持ってたら動きづらいし目立ちますからね。すごく怪しいです。

置く場所が確保できるなら、大きめサイズを選ぶことをおすすめします!

運用して一年の感想

自宅を建て、引っ越してしばらくの通販ラッシュ、子どもが産まれてからの日用品…
時間指定しても突然の用事で不在にしてしまったり、お風呂やトイレでどうしても出れない時もあったり。
配達員さんにご迷惑をおかけしました。

戸建てでも宅配ボックスがあったら便利なのに!
でも、施工業者さんに頼むとずいぶんお金がかかる。と、あきらめかけていましたが…
カタチにこだわらなければ自分で作れるんですね。

2016年3月から現在まで、1年間使ってきて思うこと。
このボックスを設置して、ほんと~~によかったです!!
ヤマト運輸さん、佐川急便さん、日本郵便さん、いずれもボックスを使ってくれています。

宅配ボックスを設置してからは再配達の面倒もなく、早く受け取れるので助かっています。
安心して通販できるようになりました。

もしあなたが荷物の受け取りに悩んでいたら、宅配ボックスを考えてみるのもいいかもしれません。
生活がもっと便利になって、時間の余裕もできる。ストレスフリーに近づくこと間違いなしです。

おまけ:市販の宅配ボックスなど

DIYとは少しそれますが、宅配ボックスは市販もされています。
自分で材料を揃えるのが面倒・作るのもどうかな…というときは既製品を買うのもアリです。

ただ容量が50L前後が多くて、大きいものは入らないでしょう。
小物の通販が多いとか、大物は自分で受け取るよ~という人にちょうどよいですね。

サンワダイレクト 宅配ボックス


サンワダイレクト 宅配ボックス(簡易固定・折りたたみ可能・印鑑ケース付・盗難防止ワイヤー・鍵付・50リットル)

容量50Lの宅配ボックス。
仕組みは今回自作したものと同じ、ワイヤーと南京錠でロックするもの。
商品画像ではワイヤーと玄関ドア取っ手をつないでいます。

白色で目立ちすぎず、印鑑ケースつきなのでスッキリとしています。
折りたたんで収納できるので、宅配物が届く予定の日に出しておく使い方もできます。
小回りのきく商品ですね。

なお、2017/4/12の確認時でAmazonでは在庫切れでした。
楽天のサンワダイレクト公式から購入するのが良いかと思います。送料無料なので価格も変わりません。

ダイケン ニコウケトール


ダイケン戸建用宅配ボックスニコウケトール
おしゃれな置型、その名の通り2個受け取れる宅配ボックス。
80サイズ(三辺が80cm以下、2番めに小さい規格)までのダンボールなら2個収納できます。

普通の宅配ボックスでは1度施錠するとそれっきりなので、1日に2つ以上の宅配が届いてしまう!しかも業者が違う!なんてときに活躍します。

こちらも需要が多いらしく在庫切れ、入荷まで数か月待ちになっているようです。

DELIVERYボックス(DELIVERY BOX)


デリバリーボックス DELIVERY BOX
こちらもシンプルでおしゃれ。モダンなデザインが素敵です。

見た目は宅配ボックスですが、上の2つとは違い受領印を入れる場所はありません。大きなポストのようなイメージでしょうか。
そのため宅配の受け取りに使うには、受領印は別の場所に置き、場所を示してあげる必要があります。

上の引き出しから荷物を入れ、下の扉から取り出します。
引き出しには鍵はありませんが、中を覗いたりはできない仕様になっています。もちろん扉には鍵がかかりますよ。

奥行きが33cmと少な目なのが気になりますが、郵便物・宅配物とオールマイティに入るボックスです。

新築・リフォームで設置してもらう

いよいよまったくDIYではありませんが。業者に設置してもらう方法。

お金に余裕があれば断然いいですよね。わたしもそうしたかったです。
何といっても設置場所・デザインともにこだわれますから。壁面に埋め込むものなんて、DIYでは難易度が高いですし…。

Panasonicやダイケン、リクシルなど主要メーカーが宅配ボックスを販売しています。
興味のある方はお近くのリフォーム会社さんにご相談してみてください。

なお、「施主支給」だと業者に頼んでも割安になる場合があります。

施主支給とは自分でモノを発注して、業者に取り付けてもらうことです。
これなら支出は購入費+あれば取付費用で済みます。
許可してくれるか・取付費がどれくらいかかるかは業者さん次第なので事前に相談しましょう。

取付費を考えると最初から業者にお願いしたほうが安い、なんてパターンもあるかもしれないので、よく吟味したいところです。

Amazonで宅配ボックスを探す
楽天で宅配ボックスを探す