新築にあたりキッチン水栓はタカギのみず工房エコシリーズ(シングルレバー混合栓)を設置してもらいました。

これまではトレビーノという浄水器を付けていましたが、浄水器自体が出っ張るというかごつごつしてるというか汚れやすいというか…
性能ではなく見た目が今一つで。



タカギの水栓にした理由

一番の理由は価格なんですが(^_^;)
タカラスタンダードのキッチンにした際に、タカギの水栓に変更すると何故か安くなるということがあり…
せっかくだからそうしましょうと。

それだけでは見も蓋もないので特徴を。

水栓の中に浄水器カートリッジが入っているので見た目すっきりです。
image
こんな感じの、蛇口の管の真ん中辺にカートリッジが入ってます。

image
ホースを引き出して使えるのでシンク内を洗うのも問題なし。

水栓レバーは、温水に切り替わるときカチッと音がしてわかりやすいです。

原水と浄水の切り替えは蛇口に付いたボタンを押すだけ。楽です。
蛇口には3段階のレバーがあり、切り替えることで通常、シャワー、強シャワー?(範囲が狭く水圧が強い)が選べます。

一般的な浄水器は出し始めの10秒程流しっぱなしにする必要がありますが、タカギは毎日使ってれば不要らしいです。流す時間が勿体無いのでこれは地味に嬉しいかも。

カートリッジ性能と交換について

性能

カートリッジは3種類で、標準タイプ、高除去性能タイプ、にごり・鉛除去タイプがあります。
詳細については公式のカートリッジ性能ページが見やすいです。

標準3,200円、高除去性能3,700円、にごり4,300円(すべて税別、送料込み)と高くもなく安くもなく。
標準と高除去で500円の違いならと、私は高除去にしてみました。

交換方法

カートリッジはタカギから直接購入するのみです。
Amazonあたりで買えれば楽かなとも思いますがしかたないですね。
その代わり?メンバー登録すれば定期的にカートリッジを送ってもらえるので交換忘れの心配はありません。

私はそもそも登録自体を先延ばしにして、4ヶ月経ったところでようやくですよ…
公式には最長4ヶ月で交換と書いてあったんでほんとギリギリのとこだったんですねぇあー危ない。
これってタカギに良いように踊らされてる!?…まあいいや。

定期交換メンバー登録ページで製品番号や住所、支払方法、一回目の発送時期、発送間隔などを入力すると登録できます。
すぐさま交換したいので登録と同時に発送をお願いしました。

すると3,4日程度でカートリッジが送られてきました。
image
image

ポスト投函で受取が楽ですね〜。
中身はカートリッジとお手入れガイドブック、情報誌が入ってました。
情報誌は年に3回送られるようです。プレゼント企画などもあるみたい。
image
今あるカートリッジを外します。
蛇口のヘッド部分をクイッと捻ると外れます、画像のようにヘッドにカートリッジがくっついて取れることもあるよう。
こんな風に収納されてたんですね〜
image
新しいカートリッジは水栓側に入れちゃいます。
中に入れてヘッドを付け直しておしまい。
なんと超カンタンですね。

浄水器を付ける意義とは

自己満足ですかね!
日本の水道水ほど安心して飲める水はないと思ってるし、味覚が敏感でもないので…

いやでもね、どうせ味の違いなんて分からないだろうと思って飲み比べたら、
分かったんですよ!
確かに原水はカルキ臭?塩素?っていうんですかね、すこーしプールの消毒薬のような臭いがします。
浄水はそれがなくてまろやかな味がします。
私にも分かりましたよ!分かったので今後も浄水にしていきたいと思います。うん。
なお水道水に含まれる塩素(次亜塩素酸ナトリウム)自体は胃の中で消滅してしまう程度のようです。

タカギから送られてきた情報誌には、浄水でご飯を炊くと美味しい!とか野菜を洗うと栄養が破壊されないので良い!とか書いてありました。
ご飯はともかく野菜の栄養についてはイマイチ信じ難いので調べてみました。
が、噂程度の情報が多くて自信はありません…
多分、塩素とビタミンCが反応してビタミンC総量が減ってしまう?とか?
風呂やシャワーにビタミンCを入れて塩素を中和する方法があるけど、それと同じ原理なのかな。
他には水溶性ビタミンが溶ける…というのもありましたがそれは水道水か浄水かで変わるのか不明です。

よく分からないので私は味と気分で付ける事に致しますよ。

という訳で、タカギ浄水器のカートリッジ交換についてでした。