故障?ソーダストリームの炭酸が妙に早く抜けるので公式に問い合わせました

ソーダストリームが我が家にやってきてしばらく。長男が産まれる前から使ってたので4年ほどでしょうか。

炭酸大好き!でも毎日のようにペットボトルを消費するのはゴミがかさばって捨てるのも面倒、環境にも良くないよねーと。ヘビーユースしていたのですが。

最近使わなくなってたんです。使いたいけど使えなくて。

今回はソーダストリームの不具合と、公式サイトから問い合わせた結果についてお話しします。

スポンサーリンク

シリンダーのガスが勝手に抜けている?

使えない理由、それは勝手に炭酸が抜けてる気がするというもの。

炭酸を入れたボトルの気が抜けるのではなく、ガスシリンダーそのものから抜けやすくなっている。

うたい文句の60回は期待してませんが、下手すりゃ10回も使わないうちにガスの出が悪くなってます。おかしな使い方はしていないのに。新しいシリンダー開けても同じ。

このまま新しいソーダストリームに買い換えるか、もう破棄するか考えていましたが…なら公式に問い合わせてみようと。

ソーダストリームへ問い合わせ

ソーダストリーム社へは公式サイトの問い合わせフォームから質問しました。ソーダストリームの型番は本体の内側に記載されていたので、それをそのまま書き写して問い合わせ。

すみません、ソーダストリームのガスが抜けやすくなっているんですが…

古い型なのでそういったこともあるんでしょうか?

 

不具合が出ているということでご心配おかけしております。

旧型、時間が経ったガスシリンダーだとしてもそういったことは本来ありません。

※やり取りは簡略化しています。アイコンはイメージです。

一日二日でお返事をいただけました。やはり普通はガスが抜けやすくなることはないそうです…

この件について、修理もしくは新機種を割引販売させていただくご案内をしたいのですが…どうしますか?

願ってもありません!ぜひお願いします!

なんと、点検修理か割引いて別機種を購入させてくれるとのこと!ひえー!聞いてみるもんですね。神対応。

点検修理の場合は状況によって有償・無償にわかれるそうです。すべて同じ対応になるかは不明なので、どんな条件で有償無償の線引がされるかは伏せておきますね。

新しい機種を割引価格で購入することに

うちで使っていたのはソーダストリームJETという、もう販売されていない古い型。今回ご担当者様から提案いただいた新機種はソーダストリームGenesis(ジェネシス) DX v2

こちらですね。本体と1Lボトルがセットになったものです。

送料、代引き手数料をプラスしても新品よりお安い価格を提示していただきました。コストコでも売ってるみたいとか、メルカリで安く出てるんじゃないかとか…そんな思いもありますが。

ソーダストリーム公式から保証付きで自宅まで送ってもらえる!というのは嬉しいところ。

炭酸抜けの不具合さえなければ使い続けたいモノですので、これが買い替えのチャンスなのだと。夫に相談、許可を得て新ソーダストリームをお願いしました。

これが新しいソーダストリームだッ!

ソーダストリーム Genesis DX v2

はい、届きました新ソーダストリーム!ありがたやありがたや。

JETと比べて少し背が高くなっています。そのおかげでボトルをセットしやすいですね。地味にいいポイントです。その他デザイン面などはまぁ、こんなもんかな…という感じ。ものすごく高級感があるでもなく、かといってチープでもなく。それなりで良し、です。

最新機種の上位バージョンでは全自動で炭酸を入れられたりするようですが、別に手動でも何の問題もないし面倒でもない。普通で十分なんです。

重要なのは炭酸がちゃんと出ることですよ。早速何回か炭酸水を作ってみたところ、今の所異常なし。さすがに初期不良などはないでしょうが、万が一あったとしても点検をお願いすればよいですからね。ちゃんと対応してもらえることがわかったのは収穫でした。

困ったことがあったら公式に聞くのも大切

今回の学びは、困ったことがあってもすぐに投げ出さず、販売元に問い合わせてみるのもいいぞ、ということ。

この1件でソーダストリーム社は顧客対応がしっかりしているなぁと感じました。不具合が出たという客をそのまま切り捨てるより、代替案を提案すれば離れにくいだろうというのがわかっている。こちらもそれを受け入れるので双方良しですね。

もしソーダストリームをお使いで不具合が出ている方は、機種名と状況をお伝えして相談してみてはいかがでしょうか。丁寧に対応していただけるので安心できます。

それにしてもほっとしました!これで自家製の紫蘇シロップやジンジャーシロップ、梅酒なんかを炭酸割りにできるってもんです。ハイボールもいけるしね!

 

 

コメント