仕事に子育てに炊事洗濯と、休む間もない毎日。
子供の写真は残しておきたいけど、わざわざ一眼レフで写真撮影してられない。当然スマホで撮る機会が多くなりますよね。

…そのスマホ画像、撮ったままになっていませんか?
データに残ってるからと安心して放置していませんか?

画像データの管理は面倒だしややこしいから、後回しになるのもわかります。
しかし、そのまま放置していると突然データが消えてしまうかもしれません。

脅しているつもりはありませんが、実際にわたしも消えたので…(後述します)。ぜひ、万が一に備えて画像の保存方法を知っておいてください。

スマホ画像保存の3つの方法、それは…
1つ、モノに保存すること。
2つ、ネットに保存すること。
3つ、紙に印刷すること。
ぜひご覧くださいませ。



スマホ画像データの保存先、2種類

画像のバックアップ

「バックアップ」という単語をご存知でしょうか。バックアップとは「データのコピーを保存しておく」という意味です。画像データが消えた時に備えて、データを複数用意しておくんです。保険ですね。

1.モノに保存

まず「実在するモノ」への保存が第一です。
スマホ本体、SDカード、USBメモリ、外付けHDD(ハードディスク)などです。

長く使えて、手元にあるうちは消えない安心感があります。機械なので永久ではないですが、普通に使うぶんには申し分ありません。

スマホ本体・スマホに入れたSDカードを「元画像(原本)」として考えてみましょう。
元画像の他の場所に1つか2つ保存しておけば、もしデータが消えても復旧できます。

2.ネットに保存(クラウドストレージ)

第二にネット保存サービスです。
クラウドストレージともいいますが、この記事では「ネットサービス」で統一しています。

メリットはどこでも接続でき、物が増えず、サービスが継続する限りデータが残るなど。

自動アップロードしてくれるので忙しい人・ものぐさな人にピッタリ。不要なものは後で削除すればOKです。自動アップロードはWi-Fiにつながっている時だけ、など設定できますよ。

おすすめはこの3つ。
メジャーなのでどれを選んでも問題ないでしょう。好みです。
Dropboxは画像に限らず文書や動画なども保存でき、GooglePhotosとプライムフォトは画像専門です。

詳しい情報は公式サイトをご覧いただくとして、馴染みのあるものを使えばいいと思います。どれも馴染みなければ…GooglePhotosでしょうか。

なお、サービス終了もしくはトラブルなどで消失する可能性はあります。
元画像を残しつつ、保険としてネットサービスを利用するのがおすすめです。

わたしはGooglePhotosとプライムフォトを使っています。放置でもアップロード、保存してくれているので地味にいい働き。

スマホで撮影したものがパソコンでダウンロードできるので、このブログを書くのにも役立っています。もちろんパソコン→スマホも可能。

 

3.印刷して実物にしておく

データの保存方法をご紹介しましたが、個人的には印刷してしまうのがベストだと思っています。

紙の見やすさ、保管しやすさは段違いです。
暖かみがあって、色褪せたとしてもそれ自体が時間の流れを感じさせます。出産や誕生日、入学式に卒業式…大事な写真はぜひ印刷しておきたいものです。

紙にすれば人にも見せやすいし、見返しやすい。内祝いと一緒に送っても喜ばれます。
子供が将来結婚する、なんて時には「結婚式で小さいころの写真を使いたいんだけど?」なんて聞かれるかもしれませんしね。

写真プリントだけならコンビニのコピー機やメーカーの写真プリント機でもできます。

ほかにはネット上で画像データを写真印刷・フォトブックにしてくれるサービスも。大手企業、安くて手軽さがウリの会社など選択肢は多いです。

わたしが利用したところの感想を記事にしていますので、よろしければ参考にしてください。

Primii

primii,表紙
産前産後、子どもが産まれたら。思い出を残すにはPrimii(プリミィ)がおすすめです! この記事ではメリットやデメリット、実際に注文した画質の感想などを詳しく紹介しま

スマホ専用の画像保存・印刷サービス。
プリントだけでなく保存(ストレージ)もできてしまう一石二鳥です。

しまうまプリント

結婚や出産、人生には節目があります。 そのとき、その瞬間を写真に残しておく。 十年、何十年後にふと思い出したら、それを見たくなる… 写真はデータで残すのがほとんどだけど、

格安フォトブックの老舗。
安いだけでなく品質もなかなか良いです。

FUJIFILMフォトブック

フジフイルム フォトブック
これまでしまうまプリント、Primiiと格安フォトブックを作ってきました。 今回は高品質と名高い?フジフイルムです。 子どもの成長を期に、どういったものか注文してみました。

高価格帯ではありますが、有名企業だけあって高品質。
ここぞというアルバムにおすすめ。

余談:画像データが消える時

これは実際にわたしが経験したことです。

外付けHDD編~子供に壊される~

外付けHDDにデータを移して安心!…と思っていたのがよくなかった。
子供がテーブルの上のHDDをなぎ倒してジ・エンド。電源入れ直すとかUSB差し直すとか生半可な方法では復旧できませんでした。

データ復旧にはかなり高額な費用が必要。「データ復元センター」では外付けHDDだと54,000円から。これでも「低価格」らしい。ただでさえ家計がカツカツなのにそんなお金出せません。

壊れたHDDは捨てるのも大変です。
中のディスクをハンマーで叩き割るとか、物理的にも破壊しないといけません。悪意ある人に拾われて復旧されてしまう可能性があるから…。

SDカード編~パソコンから取り出せない~

SDカードでもやらかしました。
ノートパソコンに差し込んでいたSDカード。しばらく問題なく使っていたものの…事件は起こった。

「!?SDカードが出てこない!」
カードをカチッと押し込むと外せるはずが、奥に挟まったまま出てこないのです。何とか救出しようと爪やピンセットでつかんでみたり、定規を入れてかき出そうとしてみたり。

結果、取り出せましたがデータが読み込めなくなっていました。

取り出そうともがいた時に壊してしまったものと考えられます。完全に自業自得ですが、SDカードが取り出せない事態・丁寧に扱わないと壊れることがあるとご理解いただけたかと。

その他想定されるアクシデント

わたしが経験したこと以外にも

  • 水没(トイレ、お風呂、雨など)
  • 破損(落とす、重い物が落ちるなど)
  • 紛失(落とす、盗まれるなど)
  • 劣化(長く使って壊れやすくなる)

という事故?が想像できます。

特に小さいお子さんがいるうちは、破損や水没はよくあることくらいに思っていたほうが安心です。それくらい気をつけて守らないといけません。つかまり立ちしてからのアグレッシブさは増すばかりですから!

わが家はHDDとSDカードが壊れたおかげで、子供の新生児期~1歳くらいの写真がかなり無くなりました。残念すぎます。

データは飛びます!
1箇所だけじゃなく、2つ3つと保存先を用意しておくことが重要です。

 記録から記憶がよみがえる。大事に保存しておきましょう

子どもの成長を支え、伝えるのは親の役目のひとつ。
記憶は曖昧だけど、記録は間違いなく「そのとき」を映しています。写真を頼りに記憶を呼び戻すこともできるから、できるだけ残してあげたいんです。

それにスマホで撮るのは日常風景だから、いっそう懐かしく感じるはずです。
画像データ・写真・アルバム…どれだって子供と一緒に振り返る時間を作れます。

もしあなたが写真を撮ったままでバックアップしていなければ。
ぜひ今から、モノやネットに保存してみてください。そして印刷を考えてみてください。後悔先に立たず、です。

遠いようで近い未来のために、画像を残しておきましょう。きっといつの日か…役に立つ日が来ますよ。