ホーローをハンマーでガンガン叩くと噂のタカラスタンダードに行くよ!オラワクワクすっぞ!

わが家のキッチンをタカラスタンダードで検討中。

ハウスメーカーの標準ではLIXILのシエラ・タカラのオフェリアが選べます。
若干タカラが安いのと、ホーローに魅力を感じてショールームへ行くことに。



オフェリア目当ての客は裏側へ…

ハウスメーカーの営業さん、設計さんと連れ立ってタカラスタンダードへ。

ショールームの予約は営業さんがしてくれるので、わたしは指定時間に現地に行くだけ。

タカラに着くと、予約済みかつオフェリアを検討することが決まっているからか、一般向けのフロアをさーっと通り抜けて奥へ案内されます。

秘密の扉を開けると、そこにはビルダー仕様商品が…!

なんとなく特別感があって嬉しいものです。
通常商品とどれほどお得なのか、そもそもお得なのかも何ともわかりませんけどね。

タカラスタンダード、オフェリアの仕様

ではさっそく。情報をまとめてみました。

ホーロー?いいえ木製です

タカラスタンダードの特徴は高品位ホーロー。
傷つきにくく、汚れがつきにくく、掃除しやすく、磁石がくっつく。という性質があります。

表面がツルツルしているので汚れが付いても拭きやすいんですね。
磁石がくっつけば吊り下げ収納の幅も広がるだろうと期待しました。

しかし!オフェリアのキッチン扉はホーローではありません

引き出しの内側がホーローで、オプションでコンロ壁面等を変更可能になっています。
扉がホーローになっているのは一般向けに販売している商品なんだそう。

…なので期待していたホーローハンマーは見られませんでした。…残念。

扉の素材と色数

キッチン扉の素材はメラミン化粧板(単色/抽象5色、木目(マット)11色、木目(鏡面)14色)、DAPコート(単色7色、木目4色)、オレフィンシート(木目4色)。各素材の特徴は

高圧メラミン化粧板

色や柄を印刷した化粧紙に、メラミン樹脂を含浸した材を表面の仕上げ材に使用した合板など。
メラミン樹脂は硬度が高く、耐熱性・耐水性・耐候性・耐摩耗性に優れ、傷に強く、焦げにくいなどの特長があるため、キッチンのワークトップ(天板)や家具などに用いられている。(weblio)

家具などでよく使われる化粧板に強度のあるコーティングをしてあるもの。
タカラではハイグレードとしているよう。

DAPコート(ダップ樹脂)

ジアリルフタレートの略で、メラミン樹脂と似た樹脂材料です。高圧メラミンのように含浸紙を使用し、多重構成するものと、低圧メラミンのように基材にダイレクトにプレスするタイプがあります。性能はメラミンと同等です。(ナスラック株式会社)

メラミン化粧板とほぼ同等の効果。

オレフィンシート

オレフィンは、プラスチック(樹脂)の一種で、塩化ビニル(PVC)、ポリスチレン(PS)と共に汎用プラスチックと呼ばれています。オレフィンをシート状にしたものが、オレフィンシートとなります。
オレフィンの正式名称はポリオレフィンで、ポリエチレン(PE)・ポリプロピレン(PP)など、炭素(C)と水素(H)のみで構成され、燃やすと水(H2O)と二酸化炭素(CO2)などになる樹脂の総称です。安全性や環境配慮性に優れ、燃焼時に塩化水素ガスやダイオキシンがほとんど発生しません。
(DNP)

燃やしても安全(変な言い方)な樹脂シート貼ってあるという事。ノーマルグレード指定。

どの素材がいいとかは分かりませんけど、どれも樹脂コーティング、樹脂シートという訳でそれなりに使えそうです。

なおアイカさんの高圧メラミン化粧板ではメラミン化粧板の強度の高さが検証されています。タカラスタンダードがどの会社の化粧板を採用しているか不明ですが参考まで。

引き手二種類

レール引き手と普通の引手の二種類。

レール引き手は扉の丈夫がレール上になっていて、そこに手を引っ掛けて開くもの。

普通の引手は取り付けられたものを掴んで引くものです。

見た目的にはレール引き手がスタイリッシュでおしゃれですね。
普通のはタオルをかけたりできて便利そう。

人造大理石の天板

7色から選べる人造大理石。
耐久性のあるアクリル人造大理石にも変更可能。

人大が標準なのかもしれませんが、ステンレスにも変えられます。
ステンレスはマットな質感で表面がドットのようになっていました。

お願いしたキッチンの仕様変更

木製キッチンだったことは想定外でしたが、オプションでホーローにできる場所はしてもらうことにして。特に問題はないためオフェリアでお願いすることに決めました。

かたちは「I型対面式」で吊り戸棚なし

I型といっても、実際は「ニ」の字のような感じですね。
吊戸棚は収納にはいいだろうけど、空間が狭く感じるかと思い外してもらいました。

ハウスメーカー標準からの変更点

  • コンロ壁面:キッチンパネルをホーローに(+2,500円くらい)
  • 天板をアクリル人造大理石へ(+31,000円くらい)。シンクはステンレス。
  • 浅型食洗機を追加(+100,000円くらい?うろ覚え…)
  • 水栓をタカギの浄水器内蔵へ(何故か-8,000円くらい)
  • 食器棚はハイカウンターで

コンロ壁面にフライパンやキッチンツールを吊り下げたい!と思っていたので、磁石がくっつくホーロー製に変更。

天板をメラミン人造大理石→アクリルにしたのは自分が雑に扱って壊す・汚す恐れがあるから丈夫にしたくて…。

タカギの浄水器みず工房エコシリーズ
蛇口を引き出して使えるし、浄水器内蔵されてるのでごちゃごちゃしなくて良いですね。
メンバー登録すると定期的に交換カートリッジを届けてもらえるらしく、忘れなくていいかも。

…何でこれにすると安くなるんだろう?(^-^;
理由があるのか間違いなのか知らないけど、ありがたくそうさせてもらいます。
↓の記事でカートリッジ交換方法について書いています。

新築にあたりキッチン水栓はタカギのみず工房エコシリーズ(シングルレバー混合栓)を設置してもらいました。 これまではトレビーノという浄水器を付けていましたが、浄水器自体が出っ張ると

食器棚もせっかくなのでタカラでお願いします。
ハイカウンタータイプで横幅180cm(家電収納に下がゴミ箱置けるやつ+4段引き出し)。

背の高いカップボードと迷いましたが、カウンターのほうが物を置いたり作業したりしやすいかと考えてハイカウンターに。

色のシミュレーション

色は、床がおそらくウォールナット系の濃い色になるので、それに合わせて濃い木目の艶消しに設定しました。
TJK2254Cという型番…で合っているはず。
タカラスタンダード シミュレーション
タカラのサイトでカラーシミュレーションあったので試しに使ってみました、こんな感じか?

オフェリアは選べないので雰囲気が近そうなもので。

ショールームに置いてある商品を見ると、艶ありの濃い木目や、ラメ入りのピンク色などバリエーションが豊富でとても綺麗でしたよ。
こればっかりは実際に見てみるのが一番趣味に合うものが見つかると思います。

まとめ:標準品でもオプションでカスタマイズできる

ハウスメーカーの標準ながら、ショールームに行ってみるといろいろと付けたい機能も出てくるものですね。

もっと使いやすくするには?を考えてカスタマイズするのも楽しいです。

予算の問題はあるとはいえ、一生に何度も買うもんじゃないからねぇ。後悔しないように選びたいですね。

わたしはこのショールーム訪問でほとんど決定したつもりですが、一応見積もりを出すだけの状態なので後から修正はきくみたいです。
面倒なので変更なしでいきたいですけどねー。

→実際に入居してのキッチンのWEB内覧会はこちら。

気まぐれ更新のWeb内覧会第2段、キッチン編でございます。 うちのキッチンは背面カウンターもあわせてタカラスタンダード、オフェリアです。吊り戸棚なし、ガスコンロ、食洗機つき。

→もっとタカラスタンダード、オフェリアについて詳しく知りたい…という方はウチのキッチンを更に掘り下げてみたので見てみてください。

この記事ではタカラスタンダードのキッチンについて、できるだけ分かりやすくご紹介します。 キッチン選び、何がベストなのか?は人それぞれですが、メーカーの特長をおさえないと後悔し