前の記事に引き続き、LIXILのショールームへ。
LIXILは色々な会社が一つにまとまってできてるんですね。
そのおかげで外装から水回りまでほとんどのものが揃うようです。

今回私達が見たのはお風呂と洗面化粧台だけ。
窓その他もLIXILにはなるようですが、住設関係だけ見ます。
トイレはLIXILのベーシアというビルダー向け商品が設定されてましたが、ショールーム見ずにTOTOへ変更決定してました。
値段は変わらずにお掃除リフト等、欲しい機能が付くみたいだったので…。



お風呂

image

標準品はキレイユ…なんですがキレイユ自体が名前が変わってアライズとなっていました。
仕様そのものは殆ど同じようです。
お風呂にはそんなにこだわりはないので(予算がないし)
・サーモバス(二つ折りフタ)
・FRP浴槽
・浴室乾燥機なし
・スイッチ式の排水
・FRP床白色
・壁三面白色
・壁一面オレンジ色のモザイク柄(サイトのエレガントモザイク?)
ひたすら標準標準でお願いしました。
パーツを取り外しても値引きにはならない料金設定とのことで、ついてる物をそのまま採用で。
オプション付けても綺麗に使えるかどうかの問題な気がするし…と自分を納得させました。
今住んでるアパートに比べたら十分過ぎるし。

洗面化粧台

こちらはオフト

oft

 

洗面ボウルも扉も白でお願いしました。
洗面台もまったくこだわりがないです。
最初はランク上のエルシィというものが設定されてましたが、オフトに変えて貰ってコストダウン。
正面に付いてる水栓は掃除しやすそうでとっても素敵ですが…予算には変えられず。

そんなこんなで必要最低限のショールーム見学だったのでした。