keitai
あなたは節約…してますか?

私は家計のやりくりに悩んでおります。
住宅ローンに子供にかかるお金、冠婚葬祭なんかあれば途端に財布はすっからかん。

少しでも支出を抑えて貯蓄するには毎月の固定費を減らすのが一番効果的です。

今回は生活必需品とも言える電話、スマホの料金の節約術でございます。



スマホ代、安くするには格安SIM

illust-09
結論から言えば、大手キャリアから格安SIMに乗り換えると劇的に月の支出は安くなります。

大手キャリアはドコモやソフトバンク、auといった有名な携帯電話会社のこと。

格安SIMはiijmio、DMM、mineoなど。
会社によりますが、多くは本体関係なく通信費のみの契約をしています。

そもそもMVNO、格安SIMって何?

まず、SIMカードのSIMというのはSubscriber Identity Module(加入者識別規格)の事。

カードがモバイル端末に差し込んであり、データ通信や音声通話の根っこの部分となっています。
携帯電話の機能を使うのには必須のカードがSIMなんです。

そしてMVNOはドコモなどの「キャリアが持っている通信網の一部を借りて」通信サービスを提供している事業者のこと。

MVNO自体は独自の通信網は持っておらず、他のキャリアから間借りしている感じ。
若干回線に不安がある場合があるようです。

最近はこのMVNO業者がとても安いSIMカードを販売しており、格安SIMと呼ばれています。

低価格で使えるので有名になっており、利用者数も増えています。

ちなみに、これまで大手キャリアが販売していた携帯電話・スマホの多くはSIMロックという一定のSIMカードしか認識しない設定にされていました。
そのため契約したキャリアではその会社のSIMカードしか使えず、携帯機と通信会社はセットになっていたんです。

しかし現在は機種によってはSIMロック解除ができますし、そもそもロックのかかっていないSIMフリー端末を購入する事で自由にSIMカードを選べます。

自分の意志で機種(ガラケー・スマホ)と通信会社を選べるようになったんですね。
※参考:SIMロック解除手続きについて…ドコモ/au/ソフトバンク/iPhone

どれくらい安くなる?

個人の使用状況等に大きく影響されるので具体的にいくら安くなる、とは言い切れませんが。

私の場合は8000円→2000円ほどに

私はソフトバンクのiPhoneを解約し、新たにSIMフリー端末を購入してIIJmioのSIMカードを差しています。

ソフトバンクの時は端末代と通信費等で8000円前後だったでしょうか。

それがIIJmioに変更したら2000円程になりました。通話量に応じて前後しますがかなり減額されました。
keitaidai
上の画像のインターネットイニシアティブというのがIIJmioへの支払い(電話代)です。
9月分の支払いは1874円でした。

誰も彼も安くなるとは言えないとは思いますが、今までの契約内容とMVNO業者によってはかなりの削減ができるのではないでしょうか。

格安SIMの注意点とは?

もちろんただ安いというだけなら皆が乗り換える訳で、そうしない理由だってある訳です。

  • 契約手順が面倒、ややこしい
  • キャリアメールが使えない
  • アドレス変更の連絡をしなければならない
  • 通信速度が遅い?
  • LINEのID検索が使えない

といった原因で変更しない場合があるかと思います。

そもそも一番MVNOが浸透し辛い原因が「やり方が分かりづらい」だと思うんですよね。

訳の分からないアルファベットを並べられて、格安とか言われても怪しい気すらします。
最近は利用者も増えてきたので怪しさは払拭できてきたでしょうか…

契約方法については後でざっくり触れるとして。もう少し困った点をお話します。

キャリアメールが使えない

MVNOやSIMは契約内容によっては電話機能の有無を選べたり、電話番号を変えずに移行できるMNP(モバイルナンバーポータビリティ)も使えます。

しかしメールアドレスはどうしても維持できません。
長きに渡って使ってきたメールアドレスを手放すのは寂しいし手間です。

メールアドレスはMVNOが提供していればそちらで設定するか(無料・有料あります。容量や保存期間が設定されているもののあるので注意)、別のメールサービスを利用する事になります。

私はGmailをメインのアドレスに据えました。
プライベート、仕事ともに使っていますが問題なく使えています。

もっともプライベートではLINEでのやり取りが多いですけどね。

通信速度が遅い?

これも言われがちな事みたいですが…わたしでは各MVNOを網羅できないのでやはりIIJmioの感想で代えさせてください。

個人的な感想ですが、早い!ではないけど不満に思うほど遅くもないです。

動画等の大きなデータを頻繁に見るのなら問題が出るかもしれませんが、WiFi環境のない場所で見る事が少ないので気になりません。

出先での通信速度も気になりません。PokemonGOやってるくらいですしね。
一番よく使う自宅でインターネット環境が整備されていれば、そこに繋げば全然問題なし。

なので、とりあえず主観としては特に意識するほど悪くないと思っています。

LINEのID検索が使えない

これは実際使えないです。ID検索は契約キャリアの年齢認証が必要なので…今後状況が変わるといいんですが。だしLINEモバイルはLINE公式のサービスとあって対応しています。

一応解決策として、パソコンがあればPCアプリ版のLINEを使えばID検索できます

キャリアから乗り換える方法

では実際に格安SIMを使うまでの手順について。

既にお持ちの端末のSIMロック解除をして使う場合は、各キャリアのサイトをご参考にください。
※参考:SIMロック解除手続きについて…ドコモ/au/ソフトバンク/iPhone

端末を持っている前提で、MVNOと契約し格安SIMを差して使うところまで。

  1. 任意のMVNOのSIMカードを購入する(公式サイトや家電量販店、Amazonでも買えます)
  2. MNPする場合はキャリアでMNP転出手続きをする
  3. MVNOに申し込み手続きをする(MNP転入も同時)
  4. SIMカードが送られてくる(1週間程度とありますが、もっと早く来ました)
  5. 端末にSIMカードを指す
  6. APN設定をする(端末側の接続設定。MVNOの資料に載っているかと)

ややこしそうではありますが、契約したい会社の公式サイトを見ながら、落ち着いてワンステップずつ進めば大丈夫です
私ができたんだから大丈夫。

手続きが面倒くさい事はMVNO側も把握しているので、わかりやすい説明ページを用意してくれているところが多いです。

気をつけることは

  • MNP手続後からSIMカードが届くまで通信できない(WiFi環境下なら可)
  • 端末に合ったSIMカードを選ぶこと

MNP手続きをしてMVNO会社が転入設定をすると、当然ながら手元の転出前SIMは使えなくなります。

実際に新しいカードが届くまでは通信できないため、かなりやきもきします。WiFi環境のある場所でなんとか凌ぎましょう。

また、Huawei P9を購入。感想とsimカードのサイズ変更で書いたように、手持ちの端末とSIMカードのサイズが合わない!なんて事がないようにしましょう。
illust-05
SIMカード規格は標準SIM(25mmx15mm)、microSIM(15mmx12mm)、nanoSIM(12.3mmx8.8mm)と三種類ありますのでご注意ください。

私の使っているIIJmioの紹介

私はIIJmioのみおふぉんというデータ、音声通話(SMS)付きのプラン(700円)で契約しています。

データ通信量は一番少ないミニマムスタートプラン(3GB)900円。

合計基本料金1600円です。
初回の支払い時のみ、新規契約手数料3000円が上乗せされます。

それにプラスして通話料が青天井でかかりますが、ほとんど電話を使いませんし、LINE電話でも済ませられたりして。
一応通話3分無料で定額600円などのオプションもあります。

また、公式提供のアプリ「みおふぉんダイアル」から発信すると20円/30秒から10円/30秒に割引されるのでちょっとお得です。

他にも多くのMVNOがありますが…私は今のところIIJmioで不満がないので乗り換える予定はありません。ぜひ公式情報もチェックしてみてください。
お客様満足度調査で総合1位に選ばれた格安SIM/IIJmio

とにかく節約!なら格安スマホに切り替えも手です

携帯、スマホ料金の節約のために少しでも参考になりましたでしょうか。

1万円前後かかるのが当然だった料金、それが大幅に削減できるのは大きいと思います。

仮に月に5000円安くなったら、5000円×12ヶ月で年に60000円もの貯金ができてしまうんですから。

メールアドレスを変えても良い、キャリアにこだわりはない、という方なら検討してみても良いかもですね。私は切り替えてもう2年は経ちましたが後悔はしておりません。

よくよく考えて節約!貯蓄!に挑みましょう~。