すてきにハンドメイドの三角ショールをアルパカ毛糸で編んでみました


すてきにハンドメイド、2018年10月号。

書店ではもう11月号が販売されており、最後の一冊でした。ふだんNHKテキストを買うことはないですが、今回は目的があって。
表紙の三角ショールです。

表紙ではかっこよくお姉さんが着こなしてますが、わたしが使ってもこんな風に洒落ないのは承知。それでもいいと決めたわけは「ちょっと暖かそう、自分にもできそう」だから。

講師はニットデザイナーの川路ゆみこさん(著作の検索結果にリンクしています)。ほがらかで可愛らしい先生ですね〜、番組を見ててほっこりしました。

で、この先生曰く「セーターを着込むでもない肌寒さのときにさっと羽織れる」と。
家事をしたりパソコンしたりする時、なんとなく寒いかも…でも暖房付けるのもどうかな〜なんてあるわけです。
そんなときに軽く羽織れるショールを作れたら素敵だなと。すてきにハンドメイドだなと。かぎ針で鎖編み・長編みで初心者向けっぽいのでチャレンジしてみようと。

スポンサーリンク

材料

  • 中細程度のアルパカ糸 合計180gほど
  • かぎ針 6/0号(3.5mm)
  • はさみ
  • とじ針

テキストでは生成り、ベージュ、こげ茶の三色の毛糸でグラデーションのように糸を変えてましたが、私は2色で。赤とオフホワイトのアルパカ毛糸を使います。

実はこの毛糸を使いたかったというのもあるのです。EtsyのSunYarnStudioさんで買った100%アルパカヤーン。リトアニアから個人輸入したものです。

Etsyの紹介・買い方記事はこちら↓

海外ハンドメイド通販【Etsy(エッツィ)】登録、買い方、送料などポイント解説
このサイトを見てくださってるということは、きっと家づくりやものづくりに興味があるかたなんだと思います。 そこでぜひ知っていただきたいのが「Etsy(エッツィ)」です! Etsyは世界中のハンドメイドアイテムなどを売り買いでき...

素人ゆえ品質の良し悪しはわかりませんが、チクチクすることもなくゴミもない綺麗な毛糸です。柔らかくふわふわ。

値段も送料入れて国内の手芸店で通販するのとそう変わらないんですよ。量を買えば安いくらいかも(売り切れも多いですが…)。

5日で編めた三角ショール

鎖編みでネット編みをしながら、長編みと長々編みのシェル編みで模様をつけていくだけ。テキストの編み図と解説を見れば、もくもくと編めるので初心者のわたしにも簡単でした。目数や段数を数えたり覚えたりもほとんどない。

テレビでは3日かかりました~なんて言ってたけど、わたしは5日。しかもフリンジはつけなかった(面倒だしなくてもかわいいから)。

仕事や家事をしている人ならこんなもんじゃないかなーと思いますですよ。

100%アルパカ毛糸はやわらかくてほんのり暖かい。

広げるとこんな感じ。
色を変える場所は適当です…ほんと適当。色の変え方もテキストに書いてありました。

肩で羽織ると胸の前で結べます。後ろに三角に垂れた部分は背中にまで来るので、背中が暖かくなりますね。

ネット編みで密度は低いので防寒!ってものではないですが、やさしい暖かさです。風のない屋内使用が向いてますね。

サイズ的に赤ちゃんをくるんであげるのにいいですね。ベビーカーで外出するときに被せてあげるとなんとなく安心感があります。

なにより手編みのものを使えるという妙な自己満足感が…!グッドです。

肌寒い季節や、暖房をつけるまでもないけど…なときにいいショールでした。家で編みものもいいものですね。

コメント