picsart_10-08-06.52.08.jpg

恥を忍んで書いちゃうですよ。私もともと汗臭い!ワキガなのか、認めたくないがそうなのか。



市販の制汗剤で対応していたあの頃

自覚してしばらく、社会人として過ごす間は市販の制汗剤でなんとか誤魔化しておりました。8×4やBanは香りがいいもののあまり効かず。体臭のきつくない人向けかな。

Ag+はかなり良かった。無香料を買い溜めして、家を出る前に使うとほぼ大丈夫。気になるときは随時上がけ。最終的に落ち着いたのがデオナチュレ。朝に脇に塗れば一日持ちます。定番化していました。

しかし…

産後にやたら汗をかく!そして臭い!

もともと汗っかきだった気がしますが、産後特に酷くなった…と思う。汗をかくだけならいいんだけど、それがまた臭うんですわ…

汗臭い原因は衣服が濡れて雑菌が繁殖すること、それゆえ汗自体に臭いはない筈なんですが。臭い気がする。脇自体で雑菌が繁殖してるんじゃないか疑惑を持たざるをえない。

出産による体質変化というのはあることなんだと聞いてはいましたが、こう来たか。神は私にまた試練を与えたもうたか。

しかし超えられない試練はないそうなので、仕方なく向き合う事にします。

市販品は継続しつつ、素材と洗い方を考える

最初に触れた市販品を含め、必需品として

  • デオナチュレ ソフトストーン(朝塗る)
  • あせワキパット(ぴっちりした服の時など)
  • 除菌できるアルコールタオル(脇をリセットしたい時)
  • Ag+等の制汗剤(随時)

を常備しています。以前はデオナチュレだけで一日持ちましたが、もう効きが弱くなってしまい…他のものも併用します。

デオナチュレ忘れた時はアルコール除菌シートで拭いてから制汗スプレーすると割といいですね。脇汗パットは付けててもビショビショになりますが、無いよりは全然いい。少しでも服に汗が染み込まないようにするべき。

私が実践している脇汗対策!

インナーは綿100一択

とりあえず素材は綿!!綿なんです!綿100!ナイロンやポリエステルなどの化繊はヤバイ。臭います。

化繊はどうしても吸湿性が悪いので、湿って雑菌が繁殖しやすいんですね。その点綿は吸湿、放湿ともに優れているので臭くなりにくいです。色んな洗濯方法にも耐えられる頑丈さもあるし、汗っかきには適しています。

ちなみに綿90%ポリエステル10%とかもありますが、できるなら綿100%。少しでも化繊があるとやっぱり臭いやすいです。

とはいえ衣服を全部綿にする事も難しいので、インナーだけでもそうするといいんじゃないでしょうか。経験上、ヒートテックやクールなんとかのような機能性下着?とかは臭くなりやすいですね。

アルカリ性にして洗う!浸け置く!

以前に石鹸洗濯をしているという記事を書きました。
皮脂汚れは酸性なのでセスキ炭酸ソーダ、炭酸塩入りの粉石鹸等のアルカリ性で洗うとよく落ちます。

私はそこまで臭いが酷くない衣類は粉石鹸入れて洗濯機で回すだけ、臭いが酷いものはセスキを溶かした水を張ったバケツに一晩浸け置きしてから洗濯してます。セスキの量は適当ですが大さじ1弱かな?

汚れを溶かし出してから洗濯するのでだいぶ改善する気がします。黒いものと白いものを同時に浸け置くと色移りの可能性があるので別にしたほうが安心です。

それでも落ちない!!洗った後は臭わなくてもちょっと着ると臭い!という場合もあります。

落としきれなかった石鹸分のせいなら…よくすすげばいい。 それでも駄目で何かが残留している!?なら煮洗いという方法もあります。

煮洗い、その名の通りぐつぐつと煮てしまう訳です。重曹やセスキ入れても良し。熱することでアルカリ分も働くし、汚れがよく落ちる。

しかし服の色もよく落ちる、生地も痛む、そんな可能性が大の諸刃の剣。手を尽くしても駄目だったときの最終手段としていいかもしれません。

服のデザインにも気を使う

もっぱら私は黒のトップスかインナーを着ています。グレーやネイビー、淡い色も着たいけど…ご想像の通り染みます。

更に私はよくドルマンスリーブを着ています。脇にスペースがある事で風通しがよく、汗をかきづらいし乾燥しやすい。

私も普段からスリムなシャツやニットを着たいです!!スタイリッシュに決めたいです!でもね、脇汗パットを使ってなお滲み出る汗は誰にも止められないのです…一度妊娠中にシャツ来てたら汗染みが酷くて、お客様に「暑いの?」と笑われてしまったし。

という訳で、インナーに綿Tシャツを着て(必要なら+脇汗パット)からドルマンスリーブのトップスを着るのが定番です。ドルマンでなければ脇に余裕のあるカーディガンを羽織ります。インナー+ダボダボor羽織りという感じでしょうか。

もちろん基本というだけで、カッチリ着る必要ある場合等は例外ですよ。

当然ながら体を清潔にすること

毎日お風呂には入りましょう、という程度ですが。できれば汗をかいたら拭いておく…とか。

ちなみに汗は濡れタオルで拭くと体温が下がって汗を抑制できるらしいですよ。

効果がなかったもの

みょうばん。
これね…デオナチュレの成分にアルム石ってあるんですが、アルム石=結晶化したミョウバンなんですって。ミョウバンには殺菌・消臭成分があるという事ですし、デオナチュレの代替としてミョウバンで済めばお得だと思ったわけです。

しかし現実は非情である。ミョウバン水を作ってお風呂に入れたりスプレーしたりしましたが、効果は実感できず。安いけど作る手間と保存場所、使い勝手なども加味すると今ひとつで。

程度の軽い臭いなら効くのかもしれませんが、私のように高レベルな臭いには効かないという事ですかね。辛いですね。

最終的には手術もあり!?

効果的かつコストがかかる。治癒まで時間がかかるけど多分一生効果がある。程度によっては保険適用されて自己負担額はそこまで高額にならないようですが、やはり遠慮しがちなのが手術。

臭い汗のもととなるアポクリン汗腺を切除等の方法で取り除いてしまうんですね。切開して切除だと皮膚にダメージを負うし、傷跡もしばらく残るので中々難しい。

とは言えアセクサに悩まされなくなるのなら、お金と機会があれば…と思うところです。

現実を受け入れつつ対応していきましょう…

生まれ持ったものは仕方ない。けど周りに迷惑はかけられない。その狭間で悩むわきがの民(認めた)です。

ケアにはお金も手間もかかりますが、上手に付き合っていきたいです。おさらばできれば最高ですけどね。

なんかこの話題は悩んできた分もっと書けそうです…