ビルケンシュトックのサンダルを自己流で洗ってみた記事が意外とアクセス多くて、皆さん悩んでらっしゃるんだなぁと。なんの解決策もない記事ですみませんでした(;´д`)

今回は続編?というか、ビルケンシュトック亡き今、どんなサンダルで凌いでいるのかを書いていきます。



忍者みたいなサンダル、Teva

img_20161009_214516.jpg

買って早々に家族から「NARUTOみたい」と言われましたが、これがTeva(テバ)です。買った段階では知りませんでしたが、どうやら流行ってるんだとか。

ビルケンシュトックは歩きやすかったものの、革製品のため手入れが必要でした。

代替のサンダルに求めるものは

  • 歩きやすさ
  • 手入れのしやすさ

の2点。これを満たすものを探し、Tevaにたどりつきました。

 

EVA素材とナイロン帯ひもでストレスフリー

私が購入したのはウィメンズ オリジナル ユニバーサルという商品です。
商品説明には

ウィメンズOriginal Universal(オリジナル ユニバーサル)は、グランドキャニオンの1人の若きリバーガイドが世界で初めて靴とサンダルの良いところを融合させ開発した、オリジナルスポーツサンダル初期のモデルです。
伝統的なナイロン帯ひも、EVAトップソール、耐久性の高いラバーのアウトソールを搭載したOriginal Universalは、当時の印象を残し現代へと復刻しました。

とあります。

EVAトップソール

まず注目したいのはEVAトップソール…というところ。中敷きにあたる部分がEVAという素材で作られています。

EVAとはビーチサンダルに使われているような耐水・耐候性のある素材です。ある程度弾力もあるので固くないです。

ビーチサンダルに使われているというだけあって、水に濡れても全然平気。ちょっと汚れたな~と思ったら水で洗い流してしまえばいい訳で、非常にお手軽ですね。

表面も程よくツルツルしていて足の臭いや汚れを吸着する余地なし!ツルツルと言ってももちろん滑る事はありません(笑)

ナイロン帯ひも

そしてもう一点特徴的なのはナイロン帯ひも

足の指の付け根部分と足の甲部分をナイロンの紐(というかテープ状)で固定しています。なんと紐の長さをマジックテープで長さ調節できるんです。
img_20161009_214321.jpg
足にフィットさせたいときはぎゅっと絞ったり、着脱しやすいように緩めに留めたりと好きなように調節できる。

これは非常に便利。ナイロンひもも乾きやすい素材なので躊躇なく水洗いできます。

耐水性と丈夫さを備えた素材・帯ひもの調整のおかげで歩きやすさ・手入れしやすさの2点をクリアーしています。

テバサンダルを履いて数ヶ月の感想

初夏に購入して今はもう秋、さすがにサンダルで外出はしなくなりましたが…数ヶ月テバを履いてみての感想を書いておきます。

履き心地はビルケン、扱いやすさはテバ

やっぱり履き心地はビルケンシュトックに軍配が上がるな~と思いました。

最初は硬い感じがしますが、革なだけあって徐々に足に馴染むんです。長く履けば履くほど楽になる。まぁ長く履けば履くほど汚れてくるんですが。

テバも歩きやすいですが、衝撃吸収性は劣ります。足に響きやすくはあるかなと。そこが良くも悪くもビーチサンダル風なんですかね。

しかしそれを補って余りある扱いやすさ、汚れにくさがあります。前述の通り水洗いできるし、そもそも非常に汚れにくい。

固いものにぶつけて傷がつくとか致し方ない摩耗とかを除けば、かなり寿命は長いのでは…と感じています。ケアに手間をかけられない現状、この扱いやすさには満足です。

ビルケンを挫折した人にはテバをオススメしたい

という訳で、シューケアに時間も手間もかけられない、という人にテバのサンダルはおすすめです。

それなりの値段ではありますが、見合った機能性と丈夫さがあります。長く付き合っていけるサンダルといえるでしょう。

Teva公式サイトはこちら