衣料品やベビー用品でよく目にするようになった「オーガニックコットン」。

そう聞くだけで何となく体に優しい、高品質なイメージがあります。

けど…私、オーガニックコットンのこと何も知らない…!まだ信じられないよ…!

良い噂ばかり聞くイケメン(綿)に急に距離を縮められるが、突然迫られてもお返事できません!な少女漫画の主人公のごとしです。

オーガニックコットンの何たるかを知るべく、情報をまとめてみました。お付き合いは相手をよく知る事が大事ね!



オーガニックコットンとは

まずはそもそもオーガニックコットンって何?ってところから。

簡単に言えば「栽培方法、農薬などの厳しい基準を守って3年以上作り続けている綿花」と「それを使ってる製品」のこと。

「俺オーガニックコットンだから」のような自称はアウトで、名乗るには専門機関からの認証が必要です。

オーガニックコットンと普通のコットンの違い

具体的にオーガニックコットンってどう違う?

人と環境にやさしい

栽培条件の基準は国によって規定が違ったりするようですが、大枠は無or低農薬で栽培され、枯葉剤なども使わずに人の手で収穫作業している綿花のこと。

そして製品に加工される時も化学薬品などを極力抑えて、労働環境もきちんとしている場所で生産されています。後述しますが、客観的に審査されて、認められた場合はタグを付ける事も可能です。

綿そのままの繊維

普通のコットン製品も、私達の手に届く頃には残留農薬はほぼ無くなってます。が、オーガニックコットンはそもそも含有量が少ないのと、手摘みで収穫する+薬品落としの洗浄剤も必要ないので綿の繊維が壊れないのです。

だから綿本来の空気層も壊れずにふわふわとした肌触りになるんですね。

値段が高い

栽培から製品化されるまでの手間や時間がかかるし、生産量自体も多くない。フェアトレードの観点から作り手さんにもある程度の報酬が行くようになっている。そんな訳で商品価格は高いです。同時に、オーガニックコットンを謳っているのに妙に安い商品はちょっと怪しいかもしれません。

オーガニックコットンの証

ちゃんと認められてるって証明は何なのか?それは第三者機関で発行されるロゴを見れば分かります。

GOTS認証

出典:Control Union Japan

世界的に通用するのがこのマーク。GOTS(GLOBAL ORGANIC TEXTILE STANDARD)といいます。

オーガニックコットン95 %以上だとORGANIC、70%以上ならMade With ORGANICと併せて表示されます。

GOTS認証は、基準に則った栽培方法で生産された綿花を使用していること。製品加工時にも化学染料、毒性のあるものは使わないこと。労働環境もまともであること。…こんな条件を満たした工場で生産されている必要があります。

※一部の物質等は一定量まで認められている場合もあります。100%使用しない保証ではありません。

という訳で、このロゴの付いた製品はなかなか信頼して良さそうなのですね。

JOCA認証

日本でも独自にオーガニックコットンの啓蒙推進している組織があります。その一つがJOCA(NPO法人日本オーガニックコットン協会)

これが認証タグ。GOTSのような認証を既に受けていて、かつ日本製というのがJOCAの要件。

「この製品はJOCAメンバー企業が、認証を受けたオーガニック原料から、人と環境に配慮した方法で、日本の技術と感性を活かして作りました。(トレーサビリティの第三者認証取得)」と書いてあります。

このタグの色違いで

ファミリータグというのもありますが、こちらは協賛みたいなものですね。理念に賛同、則って生品開発してる企業が取得してるようですが第三者認証は不要です。

NOC認証

NOC(NPO法人日本オーガニックコットン流通機構)もJOCAと似たような認証機関です。

こちらは「他の綿と混ぜないで製品化する」という基準が目を引きます。普通の綿と混ぜないだけでなく、オーガニック綿同士でも産地と混合しない。1産地1種類で一貫するんですって。

綿の産地、種類でも品質の差が出てくるから、品質保証的な意味合いで混合しないとしているんでしょう。

また、NOCは化繊を混ぜるなら15%以内。縫い糸や中綿もできるだけオーガニック、など結構細かい指定があります。

色違いのグリーンラベルはやはり協賛的な感じのようです。

 「オーガニック」というビジネス

気になるといえば気になる、ビジネスとしてオーガニックを利用している…という疑惑。

地球、人、モノに優しいと謳いつつも、全ての裏にはお金が流れてます。

GOTSの認証機関だって株式会社だし、儲けなきゃいけない。儲けるには関連会社に商品を売ってもらう。売るには宣伝して、利益を出す。利益の元はどこから…?農家が割りを食っている?

オーガニックコットン生産地として認められても、売上増は1割程度という話も。(参考:カンボジアコットンクラブさんの【オーガニックコットンのからくり5】)

生産者側としても農薬購入費が抑えられるとか、自身の健康にも良いとか、そんな側面もあるようなので一概に悪いとも思えず。…オーガニック栽培に切り替えて、収量が減った分をちゃんと保証してくれてれば良いんですけどね。

ここから私感。個人的には認証機関は必要だと思います。収穫された綿花の状態以降ではオーガニックか否かの判別できない以上、「言ったもの勝ち」にならないためには第三者の立場で証明すべきじゃないかと。

ただその認証費用によって製品価格を上げなきゃならないとか、製造元や消費者に負担がかかるのなら改善されて欲しい。日本の製造業を下支えするってことで、公的機関がしっかりガイドライン、認定までしてくれたらいいのに…とまで思うのは甘え過ぎか。

まとめ:価格は手間賃、品質は安心

オーガニックコットン、それは正当な育ち方をして真っ当に作られた商品(を目指している)。

生産者の方々が手間暇かけて育てた綿花を、素材を活かして商品にする。その手間がかかっているからある程度高くなるのも当たり前。だから綿は綿でも優しい風合い、柔らかな肌触り。安心して身の回りに置けるんですね。

いかにもオーガニック風な謳い文句の商品もたまに見かけるんで、ちゃんと見分けられるように気をつけたいですね。どんな作り方をされてるのかを考えられると、より満足の行く買い物ができるかも。

私は普段は安い綿製品買いつつ、プレゼントや奮発してもいいかな?って時にオーガニックコットン製を買おうかなぁと思います、よ。

参考:
NPO法人 日本オーガニック・コットン協会
NPO法人 日本オーガニックコットン流通機構
GOTS(GLOBAL ORGANIC TEXTILE STANDARD)
認証検査機関 Control Union Japan
du coton