あけましておめでとうございます。
平成27年の最後、ゆっくり過ごしたかったのに

乳腺炎になりました。
image



想像以上につらい乳腺炎

原因は明らかなんです。
クリスマスのケーキ、肉、パスタ…
間違いなく高脂肪高カロリーな食事。
見事に乳腺が詰まってしまったと思われます。
豆乳クリーム使ったからってだめでした!

食べた夜から右胸が痛くなり、深夜には寒気がし風邪かな?と思う。

翌日には38度の熱と悪寒、関節痛に頭痛、手も痺れました。
胸は自分では凝り固まってるとは思わなく、でも痛い…
触ると痛いし動いても痛い。
幸い休日だったので、日中は旦那に子供を見て貰って、私は授乳以外は横になってました。

自己判断で行った処置は
・ひたすら授乳
・葛根湯を飲む(血行が良くなり母乳の流れが良くなるらしい)
・痛い所を保冷剤で冷やす(後で調べたら悪化することもあるそう…)
・水分補給
でした。とりあえず高熱で動けないし熱が下がることを祈って。
でも正しいのかどうかもわからない行動だったので、お勧めはできません(ノД`)

病院?助産院?

ありがたいことに二日目には微熱程度まで下がり、症状は頭痛と胸の痛み位になりました。
でも年末だしこのまま自己判断で進めるのも怖くて、診てもらえるところを探しました。

そして役所でもらった助産師案内チラシに載っていた助産院さんへ向かいました。
何故病院(産んだ産婦人科とか)に行かなかったかというと、
先生の対応が苦手だったのと、行ってから待たされるのが目に見えていたから(その病院は予約なし、受付順の診察)。
それに産婦人科とはいえ乳腺炎でしっかり対応してもらえるのか?要はあまり信頼してなかったんです。

選んだ助産院さんはおばあちゃん先生が一人で切り盛りしてらっしゃるところ。
ネットでの評判も良く、ブログでのお人柄も良い方のようだ…と決めました。
おっぱいトラブルに詳しい方に診て貰うのが一番ですもんね。

がっつり絞ってもらいました

助産院さんへ電話で予約し、昼頃に到着。
胸を見て貰うと、やはりしこりが出来ていて詰まってるとのこと。
痛んでいた箇所を触るときはやはり痛かったけど、これ以上悪化したら大変だと思い我慢我慢。
絞ってもらった母乳、痛んでいた方の母乳は黄色くなっていました。そして冷たい。
赤ちゃんも美味しくないだろうな~と反省。
痛くない方の胸もしこりが出来ていたようで、両胸しっかりやってもらいました。

先生によると、私の症状ははまだ軽い方らしく。
産後3カ月の定期点検にもなったし良かったねと言って貰いました。
正味一時間は対応して下さり、病院ではここまで丁寧にしてもらえなかっただろうなと。
お陰で凄く体が軽くなり、翌日、翌々日と症状は改善し快調になりました。
年末年始にトラブル引きずらずに済んで助かりました。

気をつけよう乳腺炎…

私は今まで胸が張る事はあっても、詰まる事はないだろう…と高をくくってました。
が、高脂肪高カロリーな食事は良くなかったのでした。
あんな思いはもうしたくないし、悪化すれば膿になって更に怖いことになりかねないので…
普段の生活に気をつける、ほどほどが大事だと痛感しました。