シンプルでおしゃれ!加湿なし・電源不要のアロマディフューザー

加湿しない芳香器

ナチュラリストに若干足を突っ込んでいる佐田です。

多くのアロマディフューザーは「電源をとって加湿」するもの。

ですが、今回は純粋に香りを楽しむべく、加湿なし電源不要の芳香器(アロマディフューザー)についてお話いたします。

ただご紹介するだけでは味気ないので、「オシャレ感」にもこだわっていきたいと思います。香りを楽しむには雰囲気づくりも重要ですしね。

スポンサーリンク

加湿機能と電源がいらない理由

少しだけ前置きです。加湿、電源不要のディフューザーが求められる理由について。

加湿機能なし

加湿したくないときもあるでしょう。梅雨とか。部屋干し中とか。

加湿機能があると、タンクが必要なのでサイズも大きくなって置き場所も考えものです。

電源なし

コンセントのない場所で使いたいときもあるでしょう。

ナチュラルに行くなら、できるだけ電気を使わないほうが…という気もします。電池はグレーゾーンです。

加湿・電源なしのアロマディフューザー

アロマストーン

これぞシンプル・イズ・ベスト。ストーンに精油を垂らして香りを楽しみます。

白い円形なのでどこに置いても馴染む、馴染むぞッ!そのままポンと置くのもいいですが、素敵な容器にあわせると一気におしゃれになりますね。

芳香の強さは垂らすオイルの量次第。精油によってはストーンに着色してしまうので注意です。

アロマブランチ(リードディフューザー)

定番のリードディフューザーですが、こちらは一風変わった木の枝デザイン。ブランチはミツマタという低木を使っているそうです。

ベース(容器)とブランチ(枝)の組み合わせでホワイト・ブラックが選べます。

清楚なイメージのホワイト、インダストリアルなブラックと部屋に合わせられますね。

アロマボンボン(壁面取付)

こちらも@アロマさんのディフューザーです。アロマボンボンという可愛らしい商品。

両面テープでドアや壁に貼り付け、羊毛フェルトのボンボンに精油を染み込ませて香らせます。

女子力が2段階くらい上がりそうなアイテムです。

アロマペンダント

ペンダントトップに精油をセットできます。アクセサリーとして身につけることで常に香りを感じられるという画期的なアイテム。どこでもドアならぬどこでもアロマですね。

この商品は昼夜にあわせてブレンドしたアロマオイルがセットになっています。

アクイエス アロマキャンドル

フランスのサンタバーバラの高級フレグランスブランドのアロマキャンドル。

お値段はそれはもう…なのですが、さすが格調高く重厚なデザイン。男性の家に置いてあったらイメージアップ間違い無しです。

雰囲気作りにはベストなので、彼氏彼女へのプレゼントにもってこいですね。

ランプベルジェ(フレグランスランプ)

こちらはフランスはパリ、1898年創業のランプベルジェ。

香りのついたオイルを吸い上げ、燃焼させて香らせます。繊細なつくりと古くからの歴史はロマンですね。

バカラのデザインや芸術家デザインなど、芳香器というより美術品に近いシロモノ。本物志向の方に。

消臭・除菌効果も検証されているようです。※専用オイルにイソプロパノールという溶剤が使われているからだと思われます。アルコールに弱いかたにはおすすめできないかも。

香りを活かして生活の質をアゲる

なぜ香りはこうも私達を惹き付けるのか。嗅覚は想像以上に精神面に影響するようです。

香りの効果で落ち着く、元気が出る。思い出と一緒に香りが浮かんでくるなんてこともあったりします。

一目置かざるを得ないアロマの力。おしゃれなディフューザーとともに、充実した空間を演出してみてください。

…わたしは電源のついているCamptail(カンプテール)というディフューザーを使っておりますが。リンクをクリックすると紹介記事に飛びますので、よろしければご覧くださいませ。

参考

コメント