無農薬野菜の3つの分類。有機栽培、特別栽培、独自栽培のこと

野菜や食品、どんな基準で選んでいますか?

生産国、生産地、食品添加物に農薬の有無…気になるポイントは人それぞれですが、共通点は「食の安全」

わたしたちの体をつくるのは毎日の食事。自分のためにも家族のためにも、美味しく安全なものを食べたいのは当然です。

農薬の影響や疑問点についてはこちらの記事をご覧ください。

現代における農薬の必要性と疑問点
生活の基本、食事。 食事をするには食材が必要。わたしたちは野菜、肉など…生産者さんのおかげで毎日食事をとることができています。 そんな生活に密着した食品について、今回は農薬という視点で考えてみようかと思います。 当然ながら...
スポンサーリンク

無農薬野菜の栽培方法・表示方法

有機栽培

ひとくちに無農薬と言っても育て方・表示のしかたが違い、意味も違います。

大きく分けて有機栽培、特別栽培の2種類。これらは国の法律や指針で基準が決められています。

有機栽培(有機JAS認定=オーガニック)

オーガニック野菜と有機野菜は同じ意味です。有機の英語訳がオーガニックなだけですが、今っぽい印象になりますね。

有機栽培は残留農薬がほとんどなく栽培中にも化成肥料・農薬をほぼ使わない栽培方法です。環境への負担をできるだけ少なくしようという理念があります。

重要なのは「有機」「オーガニック」は有機JAS認定マークがついた商品でないと名乗れないこと。

JASマークは認定を受けた事業者のみがつけられるもの。もしマークがないのに有機野菜と書いていたら、それはJAS法違反ということになります。

有機野菜の条件

有機JAS認定を受けるには細かな条件があり、一部を紹介すると

  1. 2年以上禁止されている農薬や化学肥料を使わない畑であること
  2. 遺伝子組換え由来の種苗を使用しないこと
  3. 原則として農薬・化学肥料を使用しないこと

など、国際的なガイドラインに基づいた国の規格が決められています。

認定されたあとも1年に1回以上の調査がされるので、JASマークは有機栽培をを長く続けている証といってもよいでしょう。

完全無農薬の保証ではない

ただし、農薬等は「原則」使用しないだけで一部認められています。詳しくは有機食品の検査認定制度(農林水産省)の「有機農産物の日本農林規格」という資料に載っています。

加えて有機JASの認定と維持は費用がかかります。小規模農家などではあえて認定を受けずにいる農家もあります。

有機栽培のメリットは国のお墨付きが得られること。

デメリットは完全無農薬ではない可能性があること、認定にお金がかかること。

特別栽培(無農薬・低農薬)

有機JAS以外の表示として、特別栽培というものがあります。
実は無農薬や低農薬という表示は禁止され、現在はまとめて特別栽培とされています…が、法律ではないので拘束力はありません。

その農産物が生産された地域の慣行レベル(各地域の慣行的に行われている節減対象農薬及び化学肥料の使用状況)に比べて、節減対象農薬の使用回数が50%以下、化学肥料の窒素成分量が50%以下、で栽培された農産物です。(特別栽培農産物に係る表示ガイドライン

「無農薬」と書くと、「その作物を育てるのに農薬を使っていない」のか「土壌からの残留農薬もすべてない」のか認識のズレが起こります。

そのため上記ガイドラインでは無農薬・減農薬の表示は禁止とし、「農薬の使用回数と量が一定(半分)以下」という基準で特別栽培と表示するように決めています。

とはいえ特別栽培ってあまり聞きませんよね。農薬については「栽培中不使用」や「節減対象の農薬を不使用」など具体的に記載すれば無農薬と表示してもいいことになっているんです。…なかなかややこしい。

メリットは認定がいらないのでお金をかけずに取り組みを表示できること。

デメリットはガイドライン(努力目標的なもの)なので、守っている生産者とそうでない生産者がいること。

自主的に無農薬野菜をつくる生産者

認定な必要な有機野菜ではなく、自主的に無農薬・低農薬野菜を育てている生産者もいます。

認定にかかるコストを販売価格や栽培に反映させるなど、こだわりを持って無農薬栽培を続けている方々です。

このようなケースは生産者への信頼で成り立っています。有機栽培は認定という客観的な指標がありますが、自主的に作っているなら公の保証はされません。

自分で「ここの野菜は信用できる」と思える販売者を見つける必要があります。

みんなにやさしい自然農法の野菜。肥料・農薬に頼らない力
肥料を使わず、ほぼ自然の力だけで育った野菜があると聞いたら興味がわきませんか? わたしはとても惹かれました。体への良し悪しはわからないけど、無肥料無農薬という点では有機栽培より徹底しているかもしれません。 自然のままに育...

上の記事では自然農法という無農薬栽培について書いています。

メリットは完全無農薬に出会えるかもしれないこと。

デメリットはおおやけに保証するものがないこと。

まとめ

国が認める有機JASの「無農薬」は「一部を除く農薬、肥料の使用禁止」。完全無農薬かもしれないし、認められたものを少し使っているかもしれない。無農薬に近いけど、絶対ではない。

同じく特別栽培も、半分以下という決まりなので無農薬かもしれないし、そうでないかもしれない。

そして認定を受けずに同様な野菜をつくっている生産者。

無農薬とはあいまいで奥が深いのですね。

完全な無農薬を求めるのはなかなか難しいので、結局は自分の感覚に合うものを選びましょう…ということになります。

しつこいようですが、いま流通している野菜・食品や栽培方法を否定するものではありません。美味しいし、安全です。現にわたしが主に食べているのは普通の野菜ですしね。

そこから少し、食からくる健康・生産者・環境などに目を向けるきっかけにでもなれば幸いです。

参考

コメント