冬場の光熱費節約としてメジャーになりつつある着る毛布。
わたしが持っているのはGroony(グルーニー)というガウンのような着る毛布です。

本当に暖かいの?という疑問に個人的感想をまじえてお答えしつつ、細かい使用感やサイズ選びなどもお伝えします。

そしてまさかまさか、子供も着る毛布の魅力に取りつかれてしまったのです…。

寒さに弱い人はもちろんのこと、子育て中の方は持っておいて損にならないのでぜひチェックしていただければ。



着る毛布、Groony(グルーニー)のメリット

グルーニー Groony 2016ver プレミアム 限定デザイン

暖かさが伊達じゃない

グルーニー

2016年の冬から毛布を着てるんですが、これがホントに暖かい。
空気層がたくさん重なっているおかげか、断熱性・保温性バツグンです。

真冬でもTシャツに着る毛布を羽織ってれば活動できます。暖房の効いた部屋だと暑がってたくらい。

こりゃあ冬場に欠かせないワケです。家族分揃える必要が出てきました。
パンツ一丁で歩くのが好きな夫にも好評なので、次の冬までにもう一着買い足さねばならない。

フワフワ感が半端じゃない

これまた気持ちいいんです。
触れているだけでホワ~っとするというか、撫でたくなるというか。

毛足が長くて密度があるから、など商品の理屈はあるようですが、そのへんは「迷わず着ろよ、着ればわかるさ」と言いたい。
着ればわかるその感触。期待を裏切らないフワフワです。

地味に便利な機能性

グルーニーは首元にボタンが付いています。
ボタンの閉め方・開け方で暖かさの調節ができるんですね。がっつり防寒したいときは上まで閉めて、ちょっと羽織りたいときは開けておく。
それにボタンを閉めておけば変に脱げかけたりしづらいのが良いです。

両脇にポケットも付いています。
肌身離さず持ち歩くスマホなど、サッと入れてトイレに行ったり掃除機かけたり。小物を入れて両手が空くので便利です。

腰回りで締められる帯?もあり。
たくし上げて帯を締めれば裾を引きずらずに歩けます。わたしはあまり使ってませんが…気になる点の項目で触れます。

洗濯機で洗える

毛布と言われると洗濯できるのかな、できたとしても洗ったらゴワゴワにならないかな、と不安になります。

そこは普通の洗濯方法でまったく問題なかったです。ご安心を。

汚れも落ちますし、繊維が絡んだり毛玉になったりもしていません。
変わらぬフワフワを今日も見せてくれています。

今ひとつ気になる点

ここまで絶賛してきましたが、すべてに満足してはいません。
使う人が違えば求めるものも違うわけで、わたしが個人的に気になった点を挙げておきます。

サイズについて

女性の平均身長くらいの方なら、Sサイズでもいいと思います。

「Mサイズだと裾が長くて足元も暖かい」という商品レビューを見てMを選びました。

確かに裾、袖が長いです。が、我が家はこたつがあるので足元対策にはあまり意味がなく…(これは想像力不足のせいですが)その長さゆえ、階段の昇り降りで裾を踏みそうになったり、洗い物がしづらかったり。

身長157cmの自分にはSサイズでもOKそうでした。

帯について

帯は便利だけど、外れやすいし結ぶのも面倒なので使わなくなりました。

ちゃんとベルト通しが付いてるんですけど、そのスベスベ感からか、なんか抜けやすい。
通し直すのも面倒だし使わなくなりましたね。いつも裾を引きずってます。

着る毛布の虜(とりこ)になった1歳児

グルーニー

毛布とたわむれつつキッチンで寝そべる息子氏(1)

防寒着として優秀さを発揮してくれたのはありがたい。が、それ以外にも目を見張る事実が。

気が付いたんです。子供が着る毛布を離さないことに。

手にとって、唇に寄せてチュッチュッとしている。それがなんとも落ち着くようなんです。
普通の毛布じゃダメ、タオルケットも何か違う。「着る毛布」にこだわりがあるようです。毛足の長いふわふわとした感触がたまらないんでしょう。

リビングでぎゅっと持ち、風呂場にも持ち歩き、寝室にも持っていき、そのまま抱いて寝る。

かんしゃくを起こして大泣きしていても、着る毛布があれば落ち着いたりするんです。

着る毛布で心の安寧(あんねい)が得られるらしい

グルーニー

まぁ四六時中持っているのもどうかと思いますが、精神安定剤として機能しているのなら良いかと思っています。フワフワに触れるだけで心が休まるなら。

よく「小さい頃からお気に入りの毛布やぬいぐるみがあって、大事にしていた」なんて話を聞きますが、まさにそんな存在になったものと思われます。

もはや着る毛布の所有者である母よりも、子供に所有権が移っている状況。

わたしは子供に毛布を着させてもらっているのです。感謝せねばなりません。

冬の授乳にも向いてる

子育ての面から見たら冬の授乳にピッタリだと思うんですよ。

冬場の授乳は寒さとの戦い。
夜中に起きて、暖房が効いてない部屋で乳を出すという…寒い。

着る毛布を羽織って授乳すれば、暖かい。赤ちゃんも一緒にくるまれます。

ついでに授乳ケープの役目も果たせる…かはちょっと微妙ですが。ボタンで留められるのは首元だけですからね。
あえて後ろ前で着るとか、工夫次第でうまく使えそうではあります。

防寒できて気持ちいいので一着おためしあれ

とにかく気持ちよく暖かい。
それだけでも冬場の生活に潤いが出ます。

普通の毛布を体に巻くのと同じじゃないの?と思うかもしれないけどぜんぜん違う!

袖がある、ボタンで留められることのアドバンテージ。そしていつまでも変わらない(多分)フワフワ。

寒さで身も凍る冬、着る毛布でアグレッシブに動き回ってはいかがでしょうか。

グルーニーは時期によってデザインが変わるようです。春の今でもなぜか売り切れが多い…

着る毛布をAmazonで探す

着る毛布を楽天市場で探す