窓の形状とサイズについて。

引き違い窓、縦滑り窓、上げ下げ窓、内or外倒し窓、fix窓…など、他にもいろいろな種類の窓が選べるみたいです。
当然金額も違うので、多少なりとも節約するには吟味が必要かなと。

私の窓に対するこだわりは、「必要最小限、安くて手間がかからないもの」
開口部を設ければ断熱性も失われるし、掃除も面倒なので、最低限の換気と明かり取りの役目が果たせればいいかなと。

しかし、旦那さんのこだわりが真逆。
「大きく開放感が欲しい、多ければ多いほど良い」というもの。
断熱性気密性よりも、開け放して風通しが良い方が好みなんですね。

こればかりは好みの問題なのか、設計さんの前であーでもないこーでもない言い合って引かれていたような(^_^;)

夫婦の言い争いになると、だいたい旦那さんが折れてくれるのが常で…
今回も大半は私の要望を通して貰った形になりました。すみません。

結局、主な変更点は

・主寝室:60横x90縦上げ下げ3つ→同上げ下げ1つ、114×90引違い1つ
・洋室: 160×90引違い1つ、114×90引違い1つ→ 160×90引違い1つ、69×90引違い1つ
・トイレ:36×90上げ下げ→36x50fix
・洗面室:36×90上げ下げ2つ→同1つ
・階段明かり取り:60x130fix→60x60fix
になりました。

最初に提示いただいた図面では上げ下げ窓が多かったのですが、これが少し高い。
ので、できれば減らすか、安い引違い等に変えたかった。
主寝室なんて上げ下げ3つもあって、掃除やカーテン設置考えると流石に多いだろうと。
洗面室も2つも要らない…壁付けの収納も付けたら邪魔になりそう。

本当は風呂の窓も114×50あって、私は全然小さくしてもいいと思ったのですが。
旦那さんのここだけは削らないで!という悲痛な叫びにより変えませんでした(笑)

どれくらい節約になったのか…大きくは変わらないと思いますが、塵も積もればなんとやら。
他でかけたい所に回せるように、少しでも安くなればいいなぁ。
この判断が吉とで出るか凶と出るか、ドキドキですね。