ちょっとしたこだわりとして、床材は気に入った物を使いたい!というのがあったんですね。

なぜかというと、モデルハウスを見て回って感じたのが「床材が安っぽいと部屋全体が安っぽく見える」ということなんです。

だからそこは多少の支出は目を瞑って、ランクアップした床材を使おうというのが夫婦の見解でした。



無垢の床は素敵だ!でも選べなかったので

いくつかネットでフローリング材のサンプルを取り寄せたりしたものの、ハウスメーカーで取り扱いのあるフローリングは決まってまして…(当たり前)

完全なる無垢の質感に憧れつつも、カタログ内から選ぶことになりました。

どのフローリングにするか悩んでたところ、展示場で見た朝日ウッドテックのライブナチュラルプレミアムがとっても素敵。

日焼けしたブラックチェリーの色合いが深みがあって美しかった。

しかし!プレミアムだけあってやたら高いのですよ。いくら値上がり覚悟してるとはいえ手が出ず…

そこで採用したのが下位バージョンのライブナチュラル
プレミアムとの違いは表面の突き板の厚みのようです。

我が家にはこれでも十分!とライブナチュラルのブラックチェリーが採用となりました。
(本当は落ち着いたウォールナットだったはずなんですがね(笑))

実際に床に張られてみた感想

フローリングっていくらサンプル見ても床全面に張られているイメージってなかなか湧かなくて、少し不安もありましたが…
とっても満足しております!木の質感がとてもよいです。

image
並べてある感じと

image
窓際。
自然な木目がとってもいい!です。

デメリット

そんな素敵なフローリングにも難点が…
image

真ん中にある、そう、傷。

がっつりコーティングしてあるフローリングとは違って、どうやら傷付きやすいみたい?
固い物を落としたり、引きずったりするとアッサリ傷付きます。

ちなみに上の傷はインパクトドライバーをまっすぐ振り下ろした形で倒したために付きました。アホや。

他にも金具落としたりファンヒーター引きずったりで、入居後わずかにも関わらず色々傷付いてます。

最初はショックだけど、何個かやらかすうちに慣れました(^o^;

対策としては家具に

こういう傷防止フェルトを貼って予防してます。
重いものに貼っておくと、圧倒的に滑りが良くなって便利です!

ちょっと配置換えしたい時とかに重宝します!ほんとにおすすめです。

動かしたくないものには滑らないタイプのフェルトもありますよー。
セメダイン キズ・音・すべり防止用粘着フェルト フットタック+ A4 ブラウン

なんかフェルト推しの記事になっちゃいましたが、ライブナチュラルにして良かったです。
やっぱり長く住むんだからね、心地よく過ごしたいですね。

これから日焼けしてどう色味が変わるのかも楽しみ!です!