海外ハンドメイド通販【Etsy(エッツィ)】登録、買い方、送料などポイント解説

このサイトを見てくださってるということは、きっと家づくりやものづくりに興味があるかたなんだと思います。

そこでぜひ知っていただきたいのが「Etsy(エッツィ)」です!
Etsyは世界中のハンドメイドアイテムなどを売り買いできるマーケット。メルカリやminnneに近い感覚で個人輸入ができるのです。

この記事ではEtsyの検索方法、実際の買い方など詳しく解説します。

etsy

そして掘り出し物の宝庫!日本では見つからないレア・お買い得品もあります。
なにせワールドワイドなので商品数も膨大ですが、検索やお気に入り機能を使えば素敵な逸品と出会えることでしょう。

この記事では詳しく触れませんが、出品者(セラー)として商品を販売することもできます。

Etsyで販売されているアイテム

Etsyはクリエイター(生産者)とわたしたち消費者がつながれることを重視しています。

クリエイターや生産者と直接やりとりできれば、無駄なプロセスを省ける。出品者の利益になる。持続可能でエコフレンドリーな世界をめざしているのだそうです。

そんなわけで、Etsyで出品されているものは

  • ハンドメイド制作物
  • ハンドメイド素材
  • ヴィンテージアイテム

となります。

とはいえカテゴリーは幅広く、何でもあると言っても過言ではありません。クッキー型やアクセサリー、毛糸玉に革のカバン…世界中のアイデアが集まっています。

ヴィンテージものは蚤の市のような感覚。一点ものも多く、レトロで価値のある(と思われる)品物が出品されています。ヴィンテージもカテゴリーはたくさんです。

Etsyに登録する

まずはEstyに登録しましょう。登録だけならメールアドレスだけでよく、個人情報の入力は不要です。
登録することでお気に入り機能などが使えるようになるので、格段に探しやすくなります。逆にお気に入りが使えないと不便です。

トップページの右上の「ログイン」ボタンを押すと、メールアドレスの入力画面になります。※画面サイズによってはログインボタンの隣に「登録」ボタンが表示されるので、そちらを押してください。

メールアドレスを入力して「続ける」ボタンを押します。GoogleやFacebookの情報を使って登録したい場合はそれぞれのボタンでも。

名前とパスワードの設定画面になるので、名前(本名でなくてもOK)とパスワードを入力し、登録ボタンを押します。

入力したメールアドレスにEtsyからメールが届いているはずです。「アカウントを認証する」を押してメールアドレス認証をしましょう。
お疲れ様でした!これで登録完了です。
Etsyの山ほどあるアイテムの海にこぎ出しましょう…止まらなくなりますよ!

商品の探し方。日本語検索も優秀

Estyで商品を検索するには、2通りの方法があります。
カテゴリーから見つける方法検索ワードで見つける方法です。

カテゴリーから見つける

トップページの左上に漢字の「」みたいな記号があります(下の画像の赤丸)。これはメニューを開く記号。

押すと画像のようにカテゴリーが展開します。お好みのカテゴリーを探してみてください、細かく見ていくと意外な発見があるかも。

検索ワードで見つける

もちろん検索ワードも指定できます。
検索ボックスにキーワードを入力するだけですが…英語じゃないとダメか?と思い、いくつかのワードで試してみました。

「オーガニックコットン 赤ちゃん」で29,224件。「organic cotton baby」で29,222件。日本語と英語、その差はたった2件でした。ほかのワードでも試しましたが結果はおおむね似ており、英語が苦手でも問題なさそうだと感じます。例外はあるかもしれませんが…

それぞれ絞り込み検索も可能

カテゴリーを見ていってもワードで検索しても、更に条件をつけて絞り込むことも可能です。商品一覧の画面右上の「絞り込み」ボタンを押します。

  • カテゴリーを選ぶ
  • 価格帯
  • 送料の有無
  • セール品かどうか
  • ショップの所在地
  • ギフトラッピングできるか

などで選択できます。
価格の安い高い、新着順など並べ替えもできますので結構絞り込めるかなと。

実際に購入する流れ

スマートフォンをお使いの方が多いかと思うので、スマホ画面を使いながら解説します。PCでもポイントは同じですので参考にしていただければ。

商品詳細の画面からカートに入れる

今回はBeeFolkさんの蜜蝋ワックスラップの手作りキットを購入します。
購入時点のレート・価格では1,695円の商品です。

商品画面は上のようになっています、出品者さんの設定によって表示される情報が違いますので、どれも同じ表記にはならないです。

  • 商品の概要・詳細
  • どの国から送られるのか
  • 支払い方法
  • 宛先の国(日本)の送料
  • ギフト設定の有無

などの説明がされていますので、よく読むようにしましょう。
基本的に日本語ですが「商品詳細」のみ英語です。(画像では非表示になっています)日本語訳を表示することもできますが、かなりメチャクチャな翻訳なのでGoogle翻訳にコピペしたほうがマシかと…。改善されたら嬉しいですね。

「カートに入れる」ボタンを押すと買い物カゴに入り、購入手続きに進みます。

会計方法を選び、決済する

カート内の商品を確認し、支払い方法を選び「会計に進む/PayPalで会計する」ボタンを押します。画像ではクレジットカードが選択されてますが今回はPayPalで購入します。※クレジットカード決済の場合は住所設定→カード情報入力と進みます。

PayPalはログインして認証すれば支払手続きが可能です。

住所を確認し注文する

自動的にEtsy画面に戻ります。
PayPal決済では、送付先はPayPalで設定している住所がデフォルトです。クレジットカード決済ではEtsyで設定した住所。もちろんこの時点でも入力できます。

日本語でも進みますが、出品者さんはたいてい英語圏なので「変更」で英語表記に直したほうが無難かも。詳しくは住所の書き方の項目で。

「注文する」で注文を決定します。
その後、段階的にEtsyよりメールが届きます。

  1. 注文完了の確認メール
  2. 発送完了メール

あとは商品の到着を待つだけ!楽しみですね!

→二週間強でオーストラリアから郵便が届きました!普通にポスト投函されましたよ、無事に来て一安心です。

支払い方法について

クレジットカード(VISA、MasterCard、AMEX)、PayPal(ペイパル)に対応しています。

PayPalは、登録しておくとPayPal経由でクレジットカード決済ができるサービスです。メリットは「いちいちカード番号を入力しなくていい」「カード番号が店に知られない」「買い手保証がある」など。海外通販でカード番号をさらすのはちょっと怖い…ってケースもあるので便利です。(Etsyは大丈夫でしょうが)

送料について

送料はわかりやすいです。
先程の画像のように商品画面に具体的な金額が表示されています。ワールドワイドな取引が前提となっているので個別に出品者に連絡する必要もありません。

なお、商品によっては送料が発生しません。
送料無料の出品のほか、PDFでダウンロードする型紙・イラスト・写真素材などがそれにあたります。

送付先の住所の書き方

こちらの住所は日本語でも書けます。が、送ってくれるのはほぼ英語圏の方。英語で書くほうが親切です。

こんな感じでいいかと。市区町村欄はローマ字読みで書き、住所欄は番地以降を。国と都道府県は日本語しか選べないので、出品者さんから英語表記を求められたらメッセージで伝えてあげればいいでしょう。

本来英語での住所は「番地→町名→区→市→都道府県→国」と、日本と逆の順番に書きます。ですがEtsyでそうしようとすると、デフォルトで入力される国と都道府県の位置とごっちゃになってややこしいのです。なので、書く順番は日本のまま、記載はローマ字にするほうが自然になります。

※日本語住所でもいけるか?とそのまま注文したら出品者さんより「できれば英語の住所を教えてほしい」とメッセージが来ました…スミマセン。返信で英語表記住所をお伝えしました。

発送方法とかかる時間

発送方法は出品者さんによって様々です。商品ページ・ショップページに書いてある場合もあるし、ない場合もあります。発送元の国がそれぞれなので到着までの時間もそれぞれ。

カートに入れた状態で発送方法を選べる商品もあります。
画像のように送料の部分が選べるようになっているのです。基本的に「通常配送(安い、遅い、追跡なし)」「Express(早い、高い、追跡あり)」の二種類です。

早くほしいもの、紛失しては困るものは送料増しでアップグレードしたほうがいいでしょう。海外郵便は結構扱いが雑だし紛失もままあるようなので…。

わたしが今回購入したBeeFolkさんはEtsyには発送方法を書いていませんが、お持ちのWebサイトで海外発送にはエコノミー郵便(追跡なし)を使用すると書かれていました。オーストラリアから日本までは約9日かかるようです。

関税・通関手数料について

関税は課税価格が10,000円以下なら非課税、通関手数料は関税がなければ不要です。

個人輸入の課税価格は「商品価格+送料×0.6」。実質16,666円以下なら非課税です。※革製のバッグ、パンスト・タイツ、手袋・履物、スキー靴、ニット製衣類などは1万円以下でも課税対象だそうです

課税価格が1万円以上で、商品総額+送料が20万円未満なら簡易税率で関税+通関手数料がかかります。商品総額+送料が20万円以上なら一般税率で関税+通関手数料がかかります。税率については少額輸入貨物の簡易税率実効税率表を。

課税されるときは宅配業者か郵便かで何らかの連絡がくるので、その都度手続き・支払いをすればよいでしょう。ここで詳しく説明するには小難しすぎるので税関の個人輸入通関手続などをご覧ください。

なお、「配送が国際宅配便(フェデックス、UPS、DHLなど)だと課税され、国際郵便(EPS)だとされなかった」ケースがあるようです。これは国際宅配便では必ず品目・金額を申告し必要あれば課税されるのに対して、国際郵便では全てチェックしておらず、一部ピックアップして課税対象か調べるからです。なので国際郵便のほうが関税はかかりにくい状況なんですね。
Etsyは発送方法を書いていないショップも多いので、気になるなら問い合わせるといいでしょう。例:Which courier do you use? Can you please ship by USPS EMS, if possible.(どの配送業者を使っていますか?可能であればEMSで送っていただけますか?/HappyImportさんより)

Estyで通販するときのポイント

  • 流し見は日本語部分でOK
  • 買う前に英語の詳細を読む(Google翻訳など使って)
  • ショップページも確認しておく
  • 高額商品は保証付きの発送方法がベター
  • 高額商品は関税の可能性アリ
  • 購入したらのんびり待つ

素敵だな~こんなアイデアがあるのか~と、見やすいところをサクサク見つつ。
実際に買う段になったらしっかり説明文を読みましょう!不要な問い合わせや思い違いをしないために…。英語に慣れていないならなおさらです。

また、万が一の郵便事故も想定しておきましょう。少額商品・小物なら少ない痛手で済みますが、ある程度高額になると泣きを見ますからね。出品者さんによっては事故の際の対応も書いてくれているので、ショップページも隅々まで読んでおくことをオススメします。

評価がたくさんついているショップほど安心感は高いです、それだけたくさん実績があるわけですから。最初は大手ショップから購入するのがいいかもです。

そして海外から送られるので届くまでは気長に待ちましょう。数週間かかることもザラだと思ってくださいまし。

Etsyで世界のハンドメイドを発見しましょう!

ここまで読んでくださってありがとうございます!

長々と書いてきましたが、あまり小難しく考えなくても大丈夫ですよ!まずはサイトを眺めるだけでも十分楽しいです。
わたしも英語はさっぱりですが、翻訳サイトを使ったり例文を検索したりして乗り切れてます。

海外のハンドメイド品や素材は文化やセンスが違うな、と思わせてくれるものもたくさんです。参考にしたり購入したり、自分の幅を広げられます。ぜひ見てみてください、きっとこれから来る!…と思います。

コメント