大地を守る会で毎週頼んでいる、おやさいdelikit。
3人分相当の主菜と副菜がつくれるキットです。

わが家では毎週野菜といっしょにこのキットも頼んでいます。
固定のメニューではなく、おまかせで毎週違うものが届きます。

野菜を切ったり生ゴミを捨てたりする手間がほとんどないので、めちゃくちゃ楽です。

特に肉が切ってあるのが助かります。
肉を切ったら包丁やまな板をしっかり洗わなきゃいけない…それをしなくていいって神か!神だ!

大地を守る会の感想はこちら



生姜えのきソースで食べるあったか鶏肉団子キット

今週届いたのはこれです。

鶏肉団子だってよ、つくねと違うのかわからない。たぶん同じ。

作り方も工程ごとに写真つきで説明してくれてます。

自分で用意するのは、炒め油と塩こしょう、水溶き片栗粉だけ。
これならどこの家でもあるだろうから、間違いなくつくれますね。

調理工程は、

  1. えのきを切る
  2. 玉ねぎ、白菜、肉団子、えのきを炒めて塩こしょうする
  3. パプリカとしょうがを炒める
  4. 付属のつゆと水を入れて煮立たせる
  5. 水溶き片栗粉を入れる
  6. 刻みネギを乗せて完成!

えのき以外は全部切ってあり、個別に袋づめされています。
なのでフライパンにどんどん具材を入れていくだけ!なんて簡単!

えのきがデカイ

びっくりしたのがえのき!!

デカくない!?

えのきって真っ白でヒョロヒョロ~っとした集合体だと思ってました。
当然だと思ってました。

それがどうです、まるで長いなめこのようじゃないですか。

わたしの常識を打ち破ってくれましたよ、大地を守る会…

完成品はこちら

いきなり完成しちゃいました!
お皿に妙な空白があるのは、子どもが肉団子を持ち去ってしまったから。

全量はお皿に乗せず、半分くらいはタッパーに取ってあります。

工程どおりにつくった…と思ってたら、つゆと一緒に水をいれるのを忘れてました。
でもそんなの関係ねぇ!ウマいです。

生姜そのものも入ってるけど、つゆの生姜風味が効いてて美味しい。
鶏肉団子はわりとしっかりした固さがあって食べごたえがあります。

やたらデカかったえのきは、つゆのおかげで本来の味はよくわかりませんが…
歯ごたえというか存在感は非常に感じます。
強靭なパワーをもらえるような感覚を錯覚します。

こんなメニューは普段の自炊じゃあつくれないから家族も喜んでくれました。
パプリカをちょっと入れてとか、刻みネギ乗せてとか、面倒でやらないもん。

ちなみに右のお皿は副菜として入っていたもの。

さつまいもの甘煮でございました。

レモン入りなのが贅沢ですよね!
酸味が程よくてこちらも美味しくいただきました。

主菜と副菜の組み合わせはランダム?なのか、別の主菜にもさつまいもの甘煮がついてきたことがあります。
なので今回2回めです。

まとめ

とにかく、この料理をつくっていて一番衝撃なのはえのきでしたね。
こんなえのきが食べられるだけでいい経験ができたと思えるというか。

味はもちろん上等で、また届くのも楽しみだなと。

いい素材を使った料理がつくれて、しかも美味しい。
おやさいdelikitは頼んで間違いない商品ですね。

量的には夫婦+1歳半の子どもで多少あまるくらいです。
翌日の朝ごはんまでカバーできそうな感じ。

…うちは、残ってもついお酒飲みながら全部食べきってしまいますけどね。