世にはダンボールコンポストなる生ゴミ処理の方法があるらしいですよ。

もともと機械式の生ゴミ処理機の購入を検討していたものの、初期投資が大きい(自治体の助成はありますが上限がある)ので断念。
土に埋めるタイプの処理機は庭が狭いので断念。

そして辿り着いたダンボールコンポスト。材料がシンプルかつ安い!ダンボール箱、くん炭、ピートモス、新聞紙だけ。

ダンボールは買ってもスーパーで貰ってもいいし、くん炭やピートモスはホームセンター等で安く手に入ります。

参考にさせてもらったのは地球に優しい生ごみの減らし方さんのダンボールコンポストの作り方の記事です。



ダンボールコンポストの作り方

準備するもの

※リンクは購入ショップへつながります

くん炭とピートモスは半分前後使いますかね。すのこは二枚組のうち一枚を切って使います。コンポスト一個あたり1400円前後で出来た計算です。

製作開始

では早速作っていきましょう。
image
…早速作った結果の画像ですみません。手順は

  1. ダンボール(約35cm角)を組み立て、上部は中に折り込む
  2. 底面や側面の隙間、角にしっかりガムテープを貼る(土が漏れないように補強)
  3. 内側に新聞紙をひいて更にガムテープでとめる
  4. 布団収納袋にすっぽり入れる

通常、虫除け・雨除けのために布や新聞紙で蓋を作りますが、私は100均の布団収納袋のでダンボールごと覆いました。チャックで開け閉めできるので便利です。
要は空気が通って虫を通さないものでカバーできれば問題ありません。

image

  1. ダンボールの幅に合わせて(若干広く)すのこを切る
  2. すのこ裏にキャスターを取付ける
  3. ダンボールを乗せ、ピートモスとくん炭を3:2で混ぜ入れる

ニトリのすのこをダンボールに合わせて切って、キャスターを付けたもの。
これにダンボールを乗せます。
このキャスター、ストッパーが付いてないので、強風で動きそうです…ちと失敗。→(コンポストの重みで動かないものの、回転軸が一方向のため動かしづらかった。固定よりストッパー付き自在車の方がいいかも)
image

ピートモスとくん炭を入れて混ぜたら準備完了!

このまま生ゴミを入れて、毎日混ぜてやると一、二週間くらいで微生物が働いて温かくなるとのこと。
しかし最高気温6℃とかいってるのに本当に温かくなるんでしょうか。

なお、屋外設置の場合は極力雨に当たらない場所に置きましょう
私はベランダの屋根がかかっている場所に置いてますが、念のために余ったすのこにタオルをタッカーで貼って蓋にしています。

コンポスト設置3週間後

汚い画像になりますが…
image
本当は野菜を細かく切って投入すべきなんですが、面倒くさがって大きいまま入れてたら分解に時間がかかっています(^o^;
最近は細かく切ったりブレンダーで粉砕してから入れてみてます。
分解されにくく残っているのは
・大きいもの
・タマネギの皮
・卵の殻
あたりですね。時間かけたら分解されるか見守ります。

脂質やたんぱく質などの高カロリーなものを入れると活動が活発になるようです。私は野菜くずばかりなので劇的な変化はありませんが、土のあたりに手をかざすとほんのり暖かい気がします。

嫌な臭いもなく、むしろみかんの皮の匂いがします笑

不思議なのは、毎日投入してるのにかさが増えた感じがしないんです。微生物くんたちが地味に働いてくれてるおかげなんですかねー。

ダンボールコンポストは手間さえ惜しまなければオススメ

準備と毎日のお世話が面倒でなければ、生ゴミ量は確実に減るし何となく育成ゲームみたいで愛着がわくし、オススメかもしれません。

だいたい三ヶ月くらいで熟成?してきて、更に三ヶ月程置いておくと完熟?して腐葉土のような暗い色になるそうです。
それは天然の肥料として使えるので家庭菜園している方には役立ちそうですね。

後日談

基本的に成功した

ダンボールコンポストを運用して数ヶ月後。写真は残っていないものの…

生ゴミ投入をやめて1ヶ月ほど放置、たまにかき混ぜると土の色はすっかり黒く「肥料らしい」感じに変化しました。

大きめの野菜くずものんびり時間をかければ分解されました。唯一残っていたのは手羽元の骨くらい。入れるなって話か。

コンポスト作り自体は成功!と言えたものの、次回への修正点も見つかりました。

課題

1つは「ダンボールの劣化」。時間経過と湿気による劣化は想像以上で、最後には底面はボロボロでした。横面もスコップで混ぜた時の傷などでボロボロに…

空気を通しながらも丈夫な素材を探すか、ダンボールを二重にして使うなどの工夫が必要だと感じました。

他にも底に敷いたすのこにカビが生えたりと、細々と問題点はあるように思いました。再チャレンジしたいですが、2016年12月現在はコンポストに手をかける余裕が無いのでしばらく先になるでしょう。また作ったらブログ書きます。