二世帯住宅、同居か分離か?住み分け方の3種類

二世帯住宅の種類と特徴

一口に二世帯住宅と言っても、その目的や環境は世帯の数だけあります。

すべての事情に当て嵌められはしないのです。
自分の求める二世帯住宅とはなんなのかをよく検討する必要があります。

二世帯住宅の種類は大別して3種類。
同居型二世帯住宅」「一部共有(一部分離)型二世帯住宅」「完全分離型二世帯住宅

これらの特徴とメリットデメリットをおさえましょう。

管理人は完全分離に住んでいます。その上で完全分離をおすすめしているので、それも加味して読んでもらえればと思います。

スポンサーリンク

二世帯住宅の種類と特徴を比較

 コスト自由度安心感
完全同居×
一部共有
完全分離×

完全同居は低コストで人の存在感があるけど個人の場所が持ちにくい。

完全分離は高コストで人を意識しないけど自由度が高い。

一部共有(分離)はその中間。

ここからは完全同居、一部共有、完全分離の順で解説します。

完全同居:仲良しサザエさん

サザエさんと同じ、一軒家ひとつ屋根の下に親・子・孫と2世代以上が住んでいます。

うちと〜おんなじね〜仲良しね〜…って歌もありますが、昔はこんな家族構成が多かったです。

迷いなくこのパターンにできるほど良い関係を築けているなら何も語ることはないと思います。素晴らしい。

義両親と妻or夫が気兼ねなく暮らせるならば問題なし。マスオさんと波平のように酒を呑み交わすくらいの仲がいいものです。

完全同居のメリット

完全同居のメリット

  • 家族団らん、コミュニケーションできる
  • 水道光熱費を節約できる
  • 建築費、設備費用を節約できる
  • 比較的自由に設計できる
  • 有事の際対応しやすい

おはようからおやすみまで。いっしょに食卓を囲み、今日あったことを報告し、順にお風呂に入り、それぞれの寝床につく…
「家族」のカタチが一番強い暮らし方。和気あいあいとした和やかなイメージ。仲良し家族にはピッタリです。

小さい子供がいればにぎやかだし面倒を見てくれる人にも事欠かず。
万が一の病気や怪我の際もすぐに気づき、対応できます。

そして完全同居の一番わかりやすいメリットはお金。

ふつうの一戸建てに2世帯が住むだけなので、特別なことはなにも要りません。設備や間取りにお金がかからないので内装や外構に使えます。

冷暖房や電気を使う場所も同一なので、別々に住むよりコストがかかりません。

完全同居のデメリット

完全同居のデメリット

  • プライバシーがない
  • 設計で揉めがち
  • 内装を好きにできない
  • 友達を呼びにくい

一人になれる時間が取れない(取りづらい)のは何よりのデメリット。

義両親が定年退職を迎えていたり、専業主婦・主夫だったり…
家にいる時間が長いほど気まずさを覚えることも。

キッチン、風呂、トイレと共通なので、使うタイミングや掃除の仕方など細々したことが気になります。
気まずさゆえに自室に閉じこもりがちになることも…(管理人の知人がこの状況)

注文住宅では間取り・内外装で揉めがち。「ここに収納がほしい」「キッチンのメーカーはここがいい」など、親子それぞれの主張があるので完全に自分の好きなようにはできません。

また、同じ空間に親(または子)がいるのでちょっと知人友人は呼びづらいかもしれません。

完全同居が向いている人…とにかく仲良し親子!費用も安く済んで一石二鳥。

一部共有(分離):プライベートスペースと節約

玄関同じ、建物内の設備のいずれかを共用としている二世帯住宅。
コミュニケーションが取れるしコストカットにもなる、完全同居と完全分離の間の折衷案です。

居住スペース(リビングや寝室)は1Fと2Fなどに分けつつ、キッチンやお風呂などの住宅設備を共有します。どれくらい共有するかは自由なので、お風呂だけ共有、あとはそれぞれで…なんてのもOK。

設備費用を抑えつつ各世帯のプライベートスペースを確保できる方法です。

一部共有のメリット

  • ある程度プライバシーが保てる
  • 水道光熱費が節約できる
  • 建築費、設備費用を節約できる
  • 比較的自由に設計できる

ほどほど、がメリットの一部共有。玄関が同じなので「いってきます」「ただいま」の空気が伝わりお互いの様子がうかがえます。居住スペースは別でも、何となく雰囲気は伝わる。

共有部分を増やすほどコスト削減に。食事は一緒にとりたいとか、お風呂くらいなら一緒に使ってもいいか、とか…相談のうえで設計します。

一番長い時間を過ごすリビングが別なので、それぞれ好きなインテリアにしたり造作家具をつけたりなど自由がきくのが嬉しいところ。

一部共有のデメリット

  • 玄関同じなので出入りが気になる
  • 共有部分は自由にできない
  • 中途半端

完全同居と完全分離の中間なわけで、どちらのメリットもデメリットも併せ持ちます。半端なのです。

同居よりプライバシーがあるけど、分離よりはない。分離より暮らしぶりがわかるけど、同居よりはない。

玄関が同じことは些細かもしれませんが、同居相手が干渉気味だと気を揉みます。「こんな時間までどこいってたの?」なんて会話が出てくるのですね。

一部共有が向いている人:お金を節約したい、ほどほどの距離感を保ちたい人

完全分離型:高コストでも自由

玄関、住宅設備、全て2セットずつ用意した、互いが完全に独立した形。

生活の基盤が別々なので干渉されすぎないし、自分たち夫婦の家、として自由に使えます。

自由度は高いですが設備費用が2倍かかるのでコストは高くなります。

完全分離のメリット

完全分離のメリット

  • プライバシーが保たれる
  • 設備や内装決定で揉めづらい
  • 友達を呼びやすい

コスト高なのに選ばれる理由は精神的に楽だから。誰にも気兼ねせずのんびりできる空間は何物にも替えられません。

好きな食材を使い、好きなインテリアに囲まれる。自分の嗜好を制限されません。逆に自分の家なのに遠慮して好きにできないのは凄くストレスなのです。

キッチンやお風呂のメーカーにこだわりがあっても、予算さえ許せば親子ともに実現可能。

生活空間が別れているのでお客さんも呼びやすいです。

完全分離のデメリット

完全分離のデメリット

  • 価格が高い
  • 水道光熱費がかかる
  • 間取り計画が難しい
  • 有事の際に気づきづらい

どうしても設計、設備費用はかさみます。2倍必要なので致し方ありません。

同時に水道光熱費も多くなりがち。

完全同居が向いている人:1人の時間・場所を大事にしたい。オープンな付き合いは苦手な人

管理人は完全分離をおすすめします…

実際に完全分離の二世帯住宅に住んでいる身からすると、完全分離以外考えられないというのが本音。

私がひきこもり体質というのもありますが、1人でいたいのに誰かがそばにいる、しかもそれが気をつかう相手だなんてしんどいです。

相手が好きとか嫌いとか、苦手だとかそういう話でなくて。
そもそも自分と夫、子供以外の人はみんな落ち着かないんですよ。誰でも。

それに家具や小物、家電なんかの細々したものを選ぶのすら遠慮(しなくてもいいとしても)してしまうなんて疲れるに決まってます。

だからこそ自分のエリアがしっかり分けられている完全分離こそ、精神的に安定する。
二世帯住宅生活も長続きするもんだと思います。

【WEB内覧会】完全分離の二世帯住宅の間取り、40坪強。建ててわかった重要ポイント
完全分離型の二世帯住宅を建て、早3年。 間取り図とこだわった所、良かったこと悪かったことなどをまとめました。 3年間住んだからこそわかったことがあります。 これから2世帯住宅を建てられる方の参考になれば幸いです。 生...

↑わが家の間取りです。ご参考になれば。

コメント