機能性衣料というんでしょうか、エ○リズムやヒー○テックみたいな「より涼しく、暖かく」を実感させてくれる肌着があります。

上記のようなユニクロの衣類が走りだったんだと思いますが、機能性は売れる!とわかったわけで。たくさんのメーカーが売り出していますよね。汗をかいてもヒンヤリ、薄着でもポカポカなんてありがたいことこのうえない!

ですが、わたしは機能性衣料はあまり持っていません…いや、ヒートテック股引は持ってますが。

なぜかというと、なにか人体にとって不自然なことをしてないか?と思うからで。もちろんすべての機能性衣料が不自然なんだとは申しません。が、機能性衣料のほとんどは化学繊維。肌に合わなかったり落ち着かなさを感じます。妙にツルツルしてたり妙にヒヤッとしたり…しっくりこない。

心地よい化繊を研究開発されているのも大いにわかるのですが、なんだかすわりが悪いのです。防臭素材と銘打っててももともと体臭に悩むわたしくらいになると効き目ありませんでしたし…

すでに綿や麻、シルク、ウールといった天然素材が吸湿・放湿性をしっかり持っています。化繊に頼らずとも十分な機能性がある。じゃあそれでいいじゃないか?と。綿は定番品として着倒す洗い倒す。麻はさらっとした肌ざわりが涼やか。一見暑そうなウールだって優れた調湿効果があるんです。織り方でも風合いが変わる天然素材は年中素材ともいえます。

夏だから、冬だからとせかせか機能性衣料を買うのもどうかなぁ、と思うのです。わたしはインナーのほとんどは綿。普段着にオーガニックコットンは手が出ないけど十分です。汗をかいたら早めに着替えて早めに洗う、それだけです。

新商品やら季節商品やらを見るごとに買わなきゃ、っていうのは…踊らされてるのかもしれない。良いと思って選ぶのならいいんですけどね。踊らされるの上等!みたいなね。

そんなわけで、夏が暑いですが綿のTシャツとキャミソールで乗り切りたいと思います。